特設サイトも公開

ソニー「ウォークマン」がSUPER BEAVERとコラボ、初のハイレゾ楽曲「ラヴソング」MVに登場

編集部:押野 由宇
2018年05月29日
ソニーは、ロックバンド「SUPER BEAVER」が、新曲「ラヴソング」のミュージックビデオで「ウォークマン NW-A40」シリーズとコラボしたことを発表した。本日5月29日にミュージックビデオおよびミュージックビデオと連動したWEB CMやインタビューをスペシャルサイトにて公開する。

SUPER BEAVER

SUPER BEAVERは、日本武道館ワンマン公演のチケットが販売直後にソールドアウトになるほど、今注目を集める4人組ロックバンド。本ミュージックビデオでは、SUPER BEAVER初の試みとして、オフィシャルファンクラブから選ばれた総勢130名のファンを招待し、ハイタッチで交流する様子や、普段のライブではなかなか観ることができない至近距離でのスペシャルパフォーマンスを披露している。

その内容について、「ウォークマンの再生ボタンを押し、のどかな公園を歩み進めるSUPER BEAVER。まるでメンバーが聞いている音楽に引き寄せられるかのように、たくさんの人々がSUPER BEAVERのもとに集まってきます。音楽を通じて人と人とが瞬時に繋がり、喜びや幸せを分かち合うと、色とりどりのバルーンやシャボン玉で溢れた会場へ瞬間トリップ。総勢130名のファンに囲まれてのラストの演奏シーンでは、オーディエンスがアーティストと一緒になって歌う“シンガロング”で会場が一体に。楽曲の世界観と同様に、明るく幸せな空気が流れるカラフルポップなミュージックビデオに仕上がっています」と説明されている。

ミュージックビデオの場面カット

SUPER BEAVERメンバーからは、「今回の楽曲「ラヴソング」は、今の僕たちに必要な、“誰の懐にも入りやすい曲”になっています(渋谷龍太)」「ファンの方を招いてMV撮影をするのは今回が初めてでした。最後の演奏シーンでは、これまでにないほど距離も近くて新鮮でした(柳沢亮太)」「ソニーさんからコラボのお話を頂いたとき、これまで誰かとコラボレーションでミュージックビデオを作ったことがなかったこともあって、ワクワクしたし楽しみでした(上杉研太)」「ウォークマンNW-A40シリーズは、ホントはパソコンの中に入ってる曲を全部持ち運びたいぐらいの僕にとって、容量が大きく魅力的ですね(藤原“29才”広明)」とコメントが寄せられている。

また今回の新曲「ラヴソング」は、SUPER BEAVER初のハイレゾ楽曲でもある。全国家電店やソニーショールーム/ソニーストアなどのウォークマンコーナーで展開する「Hi-Res Tasting Spot」では、6月27日(水)のアルバム「歓声前夜」発売に先駆けて、「ラヴソング」のハイレゾ音源を6月1日より順次試聴できるようにする。

「歓声前夜」(通常盤 ¥2,750)

「歓声前夜」(初回限定生産盤 ¥3,300)


関連リンク

関連記事