aptX対応の「Soundcore Vortex」も

アンカー、Soundcoreブランド初のワイヤレスヘッドホン2機種。ノイキャン搭載「Space NC」など

編集部:川田菜月
2018年05月22日
アンカー・ジャパンは、同社が展開するオーディオブランド“Soundcore”より、シリーズ初のBluetoothヘッドホンとして、ノイズキャンセリング機能を搭載した「Soundcore Space NC」と、高音質コーデックaptXに対応した「Soundcore Vortex」の2機種を5月22日から発売する。価格はSpace NCが14,980円(税込)、Vortexが5,999円(税込)。なお、Amazonにて発売記念ディスカウントセールとして各300個限定で、Space NCが3,000円OFFの11,980円(税込)、Vortexが1,000円OFFの4,999円(税込)で販売される。

写真左「Soundcore Space NC」、写真右「Soundcore Vortex」

Soundcore Space NCは、低周波音を最大93%、高周波音を最大96%抑えるというノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。先日の新事業戦略発表会にて発表されたモデルの一つで(関連記事)、発売日と価格が決定したかたち。

ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能を搭載

内部にはカスタマイズしたφ40mmドライバーを採用し、NC機能と合わせて没入感ある高音質を実現するとしている。

BluetoothはVer.4.1を搭載、コーデックはAACをサポートする。高品質リチウムイオンバッテリーを搭載しており、約3時間の充電でBluetooth/NCモードON時で最大20時間、有線接続/NCモードON時で最大50時間の音楽再生が可能。

ハウジング部にはタッチパッドを採用し、一度のタップで音楽再生/停止、スライドすることで音量調整や曲送りなどの操作が可能となる。本体は折りたたみ可能でコンパクトに収納でき、持ち運びにも便利とのこと。

ハウジング部にはタッチパッドを採用

また、CVC6.0ノイズキャンセリング機能により、通話時にも周囲の音を抑えてクリアな音声通話を実現するとのこと。着信応答は右側イヤーカップのボタン(有線時には付属ケーブルのリモコン)で操作可能。

付属品には3.5mm AUXケーブル、Micro USBケーブル、トラベルケースを同梱する。質量は約259g。

Soundcore Vortexも新事業戦略発表会にて発表されたBluetoothヘッドホンの一つ。本機もφ40mmドライバーを搭載し、BluetoothはVer.4.1で、AAC/aptXコーデックに対応する。有線使用も可能で、コンパクトに折りたたむことも出来る。

aptXコーデックにも対応

充電は約2.5時間、連続再生は最大20時間可能。柔らかな合成皮革を採用した形状記憶イヤーパッドとヘッドバンドを採用し、長時間使用時にも軽量かつ快適な装着感を実現するとしている。

本機もCVC6.0ノイズキャンセリング機能を搭載し、クリアな音声通話が可能とのこと。付属品には3.5mm AUXケーブル、Micro USBケーブル、トラベルケースを同梱する。質量は約259g。

関連記事