旗艦モデルのDNAを継承しつつ価格を抑えた

デノン、ゼブラウッド製ハウジングを採用した準旗艦ヘッドホン「AH-D5200」。約6.5万円

編集部:小澤貴信
2018年03月28日
デノンは、フラグシップの思想を継承するプレミアムクラスの密閉ダイナミック型ヘッドホン「AH-D5200」を4月上旬より発売する。価格はオープンだが、65,000円前後での実売が想定される。

「AH-D5200」

AH-D5200は、フラグシップモデル「AH-D7200」と多くの技術や構造、パーツを共有することで、これに迫るパフォーマンスを獲得したとのこと。一方で、振動板やマグネット、ヘッドバンド、付属ケーブルなどを見直して、大幅に価格を抑えることに成功したという。

AH-D5200の実機

装着イメージ

ドライバーユニットには、新開発の50mm径フリーエッジ・ドライバーを採用。デノンが上位モデルで一貫して採用しているフリーエッジ・ドライバーは、スピーカーと同様に振動板外周をロールエッジで支持するフリーエッジ構造により、振動板全域にわたる均一なピストンモーションを可能にする。結果、正確かつ低域の量感豊かなサウンドを実現するとしている。磁気回路にはネオジム・マグネットを採用する。

50mm径フリーエッジ・ドライバー

AH-D7200と同じく本機も木製ハウジングを採用するが、本機は木材にナチュラル・ゼブラウッドを採用。名称の由来にもなっているシマウマのような縞模様が印象的な素材で、高い硬度が特徴。優れた透明感とディテールの緻密な描写を可能にするという。AH-D7200ではより材質がやわらかいアメリカン・ウォールナットが用いられており、その響きが活かされた音作りとなっている。この素材の違いが、デザインだけでなく、音質の方向性も大きく変えているという。

ハウジングにはナチュラル・ゼブラウッドを採用


ハンガー部には軽量かつ堅牢なアルミダイキャストを採用。音響的なパフォーマンスへの貢献はもちろん、その美しい仕上げにもこだわっている。目盛りと明確なクリック感のあるアジャスターを備え、最適なサイズへの調整も容易にしている。

イヤーパッドの表面には、デノンが独自開発した、一般的な人工皮革のおよそ2倍の耐久性を備えるという人工皮革を採用。イヤーパッドは三次元縫製により、頭部のカーブにフィットし、圧力が均等にかかる理想的な形状に仕上げられている。側圧を最適化する形状記憶フォームと合わせ、ストレスなく耳を包み込む装着感と気密性を実現するという。

ハンガー部はアルミダイキャスト製とした

三次元縫製により頭部にフィットするイヤーパッドを採用

ケーブルは左右両出しの着脱式で、左右のプラグには3.5mmモノラルミニプラグを採用。付属ケーブルは4N OFCを導体に用いており、長さは3.0m。表面には強度と手触りを両立した布巻を施し、プラグ部には削り出しのアルミスリーブを用いて耐久性を向上させている。

付属の4N OFCケーブル

ケーブルは着脱式となっている

インピーダンスは24Ω、感度は103dB/mW、最大入力は1,800mW、再生周波数は5Hz - 40kHz、質量は385g(ケーブルを除く)。

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドDENON
  • 型番AH-D5200
  • 発売日2018年4月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格65,000円前後)

関連記事