作曲家・阿保 剛が手がけた作品群

シュタゲ、メモオフなどのハイレゾBGMが東京ゲーム音楽ショー2018で発売

編集部:押野 由宇
2018年02月19日
株式会社MAGES.は、作曲家の阿保 剛氏が手がけたゲーム音楽を収録した「LIBRARIES TAKESHI ABO WORKS」および「High Resolution Soundtracks -TGMS SP.-/TAKESHI ABO」を、2月24日(土)開催の東京ゲーム音楽ショー2018「5pb.Records」ブースにて発売する。

「High Resolution Soundtracks -TGMS SP.-/TAKESHI ABO」

阿保 剛氏は、『STEINS;GATE』に代表される科学アドベンチャーシリーズや、『Ever17』などインフィニティシリーズ、『メモリーズオフ』シリーズなどの音楽を手がけるゲームミュージッククリエイター(関連記事)。今回発売されるのは、そんな阿保氏の作品がまとめられたイベント限定商品となる。

阿保 剛氏

「High Resolution Soundtracks -TGMS SP.-/TAKESHI ABO」(品番:FPBD-0463)は、東京ゲーム音楽ショー用に用意されたハイレゾDLカード。2018年3月29日発売のシリーズ最新作『メモリーズオフ -Innocent Fille-』より、東京ゲーム音楽ショー初公開となるメインテーマ「Last memories -main theme-」と劇中曲「Yesterdays」を収録。

さらに、ゲーム『OCCULTIC;NINE』より、ハイレゾ化初となる「THE OCCULTISM -MAIN THEME-」、2018年4月からTVアニメ放送も開始する、ゲーム『STEINS;GATE 0』より「Messenger -main theme-」、2017年5月に作中設定に現代が追いついた『Ever17』より「Karma」のXBOX360版の全5曲が収録予定となる。

ダウンロード期限は2018年4月30日まで。フォーマットはFLAC 96kHz/24bitで、価格は1,000円(税込)。

一方の「LIBRARIES TAKESHI ABO WORKS」(品番:FPBD-0464)はFM音源をメインとしたOPN/OPM曲のオムニバスCDで、未発表の新作用BGMから1曲収録。ラジオ番組『電人★GA部ぅ〜』から『電人☆ゲッチャ!』へと進化した際の各テーマBGM、『Ever17』より記念曲、『CHAOS;CHILD』のアニメ放送記念曲や、それに関する未発表曲など26トラックを収録予定。さらに全曲に解説がつけられる。価格は2,000円(税込)。

「LIBRARIES TAKESHI ABO WORKS」

ほか、5pb.Recordsブースでは『世界樹の迷宮』シリーズを始めとした、各種ゲームサウンドトラックCDが用意される。

東京ゲーム音楽ショー2018は、2月24日開催。開場時間が12:00で、物販終了は18:00。会場は大田区産業プラザPIO 1F 大展示ホールとなり、料金は前売り券が2,000円、当日券が2,500円。

関連記事