DAPやスマートスピーカーも出展

オンキヨー/パイオニア、今週末開催の「オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ」で試聴会多数

編集部:小澤貴信
2018年02月14日
第35回「オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ」(関連ニュース)が、2018年2月16日(金)・17日(土)・18日(日)の3日間にわたって、愛知県・名古屋市の名古屋国際会議場2号館全館で開催される。本イベントに出展するオンキヨー/パイオニアは、その出展内容および試聴会の概要を発表した。

オンキヨー“rubato”「DP-S1A」とパイオニア“private”「XDP-20」

ブースでは、最新DAPのオンキヨー“rubato”「DP-S1A」およびパイオニア“private”「XDP-20」の試聴が可能。e-onkyo musicで配信されている最新作を含めたハイレゾ音源に加え、両機がいち早く対応した日本初のロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」の試聴も行える。

オンキヨーのGoogleアシスタント対応スマートスピーカー「G3」も出展。ブースで実際に「OK Google」と呼びかけて、その使い勝手やサウンドを体験できる。

ハイコンポ「INTECシリーズ」「CRシリーズ」も登場。単品コンポのこだわりをコンパクトサイズに凝縮したというINTECおよびCR-N775を試聴できる。

ブースではHi-Fiオーディオ/ホームシアターの試聴会も開催される。内容および時間は以下の通りとなる。

「PD-70AE」

「SC-3」

<1>パイオニアのSACDプレーヤー「PD-70AE」を試聴

■内容(メーカーより)
パイオニアブランドとして約20年ぶりの専用プレーヤー「PD-70AE」で、SACD/CDの魅力を余す所無くご視聴いただきます。スピーカーには、同じくパイオニアのピュアモルト/バーチカルツインスピーカー「S-PM50」を使用します。

■日時
2月17日(土) 11:00-11:50/19:00-19:50
2月18日(日) 15:00-15:50


<2>パイオニアのAVアンプ「SC-LX502」によるイマーシブオーディオを体験

■内容(メーカーより)
パイオニア「SC-LX502」でイマーシブオーディオ Dolby Atmos/DTS:Xを再生。イネーブルドスピーカー「D-309H」を使っての5.2.2chのシステムで、UHD BDを含む最新コンテンツをお楽しみいただけます。

■日時
2月16日(金) 19:00-19:50
2月17日(土) 13:00-13:50/17:00-17:50 2月18日(日) 13:00-13:50


<3>オンキヨー「SC-3」/MISSION「QX-4」を試聴

“SEPTER”の冠を付して復活した「SC-3」、昨年より新たに取り扱いを始めたUKブランド MISSION「QX-4」を、オンキヨーブランドのコンポーネントを使用してCDからハイレゾまでご試聴いただきます。

■日時
2月16日(金)15:00-15:50
2月17日(土)15:00-15:50
2月18日(日)11:00-11:50

関連記事