オールECLIPSEの5.1.4chでAuro-3Dを試聴

ECLIPSEの試聴会、ホームシアター工房 名古屋で2月10日に開催。講師は小原由夫氏

編集部:小澤貴信
2018年02月06日
ECLIPSEを手がけるデンソーテンは、ホームシアター工房 名古屋にて、ECLIPSEスピーカーとAuro-3Dをテーマとしたイベントを2月10日(土)に開催する。イベントでは、評論家の小原由夫氏が講師を務める。

ECLIPSE「TD510ZMK2」

イベントでは、ECLIPSEのスピーカー「TD510ZMK2」「TD307MK2A」、サブウーファー「TD520SW」を使用した5.1.4ch イマーシブサラウンド環境を構築。ドルビーアトモスやDTS:X、さらには最新の3DサラウンドフォーマットであるAuro-3Dを収録した話題のコンテンツを再生しながら、小原由夫氏がECLIPSEスピーカーの魅力を紹介していく。

イベントは2月10日(土)の11:00〜12:30、14:00〜15:30の2回が行われ、参加は各回限定3組を予定。参加希望の方は、下記の問い合わせ先から予約が必要となる。

会場では合わせて、オーディオシステム「CDR1 307 PAKC」、ワイヤレス/USBスピーカー「TD-M1」も展示予定となっている。

【問い合わせ先】
ホームシアター工房 名古屋
TEL:052-880-9996
MAIL:nagoya@ht-kobo.jp

住所:
〒464-0858
愛知県名古屋市千種区千種3丁目35番8号
HP吹上ビル5F

関連記事