IPX4準拠

Audiofly、人気イヤホンをBluetooth化した「AF56W」「AF45W」。aptXにも対応

編集部:風間雄介
2018年01月16日
ローランド(株)は、豪Audiofly(オーディオフライ)の新製品として、Bluetoothイヤホン「AF56W」「AF45W」の2機種を1月20日に発売する。価格はオープンだが、AF56Wは8,600円前後、AF45Wは6,800円前後での販売が予想される。

「AF56W」

共にミドルクラスの価格帯で、「通勤・通学や運動時など、幅広いシーンでお使い頂ける」と同社ではアピールしている。IPX4準拠の防沫仕様も施しており、汗や雨に対して強いことも特徴だ。

「AF56W」

「AF45W」

同ブランドのワイヤードモデル「AF56」「AF45」をベースに、ケーブル一体型のBluetoothイヤホンに仕立てた。ドライバーもワイヤードモデルと同じもので、マイラー振動板を採用している。ドライバー口径はAF56Wが13mm、AF45Wが11mm。

音質傾向は、AF56Wは重低音などダイナミック音でロックに向いており、AF45Wは癖のない音調のため様々なジャンルに適していると、ローランドでは紹介している。

なおBluetoothのバージョンは4.1で、コーデックはSBCに加えてaptXにも対応している。

またケーブルは独自技術を採り入れた「Audioflex Cable」で、登山用のロープにも使われているCorduraファイバーをケーブルに編み込み、柔軟性と耐久性を高めたほか、ケーブル表面の滑りをよくしてタッチノイズも抑えた。

装着性の面では、AF56WとAF45Wはともにシリコンのイヤーピース(3サイズ)を同梱。AF56Wはこれに加えて、低反発ポリウレタンのものも1サイズを同梱している。

【問い合わせ先】
ローランド株式会社
TEL/050-3101-2555
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIOFLY
  • 型番AF56W
  • 発売日2018年1月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格8,600円前後)
【SPEC】●型式:インイヤー型ヘッドホン ●ドライバー:13mm ダイナミックドライバー 1基 ●再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ●インピーダンス:16Ω ●感度:118dB(1kHz 時) ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●連続再生時間:5時間 ●充電時間:60 分(満充電まで) ●Bluetooth:規格Bluetooth ver4.1 Class2 ●対応プロファイル:HFP、HSP、A2DP、AVRCP ●対応コーデック:SBC、aptX
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIOFLY
  • 型番AF45W
  • 発売日2018年1月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格6,800円前後)
【SPEC】●型式:インイヤー型ヘッドホン ●ドライバー:11mm ダイナミックドライバー 1基 ●再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ●インピーダンス:16Ω ●感度:118dB(1kHz 時) ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●連続再生時間:5時間 ●充電時間:60 分(満充電まで) ●Bluetooth:規格Bluetooth ver4.1 Class2 ●対応プロファイル:HFP、HSP、A2DP、AVRCP ●対応コーデック:SBC、aptX

関連記事