UHD BDのほかBDや配信動画の視聴デモも実施

アバック梅田、BenQの4K DLPプロジェクター「HT9050」視聴会を12月3日開催

編集部:押野 由宇
2017年12月01日
アバック梅田店は、BenQの4K DLPプロジェクター「HT9050」の体験・視聴フェアを、12月3日(日)の11:00〜20:00に開催する。

BenQ「HT9050」

HT9050は、830万画素を細部まではっきりと映し出すマイクロミラーデバイスを用いた、4K対応のDLPプロジェクター。Philips ColorSpark HLD LED技術による高輝度と、BenQ独自のCinematicColor技術を組み合わせることで、DCI-P3の広色域を実現するモデルとなる。

イベントでは、4K UHD BDディスク視聴に加え、Blu-rayを4Kアップコンバートしての視聴や、インターネット配信動画の視聴デモが行われる。プレーヤーにはOPPO「UDP-205」を使用予定。

成約特典として、スペシャルプライスの設定や下取査定額の大幅アップ、半額金利を用意。なお下取品はプロジェクターだけでなく、手持ちのAV機器であれば問題ないとしている。

イベントに予約などは不要。進行はアバックのスタッフが務める。ほか、新築/リフォームにて新規でホームシアター導入を検討、手持ちのプロジェクターとの入れ替え工事に関する相談を希望の場合、部屋の建築図面や手持ちのプロジェクターの設置状況写真があれば、よりスムーズに案内が行えるとのこと。

イベントの詳細
・開催時間:12月3日(日)11:00〜20:00
・会場:アバック梅田店シアタールーム
    大阪府大阪市北区太融寺町2-11
・司会進行:アバックスタッフ

関連記事