DAC/ADCとしても動作する高品位レコーダー

ティアック、アナログ音源をハイレゾ録音可能なデジタルレコーダー「SD-500HR」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤正宣
2017年11月08日
ティアックは、アナログ音源をハイレゾ品質で保存できるデジタルレコーダー「SD-500HR」を11月中旬より発売する。オープン価格だが、予想実売価格は79,800円(税抜)。

SD-500HR

アナログレコードやカセットテープなどのアナログ資産をデジタルファイルとして録音・アーカイブできるデジタルレコーダー。録音品質はDSD(DFF/DSF) 5.6MHz、PCM(WAV) 192kHz/24bitまで選択でき、本体には音量レベルを確認できる24ドットLEDレベルメーターを搭載。0.5dBステップでレベル調整も可能で、録音品質を細かく管理できる。

録音の保存メディアはSDHCカード、256GBまでのSDXCカード、CFカードに対応し、カセットテープ感覚で扱えるとしている。また、一度カードに録音したデジタルファイルはUSBメモリーにコピーすることも可能。

前面

DACにはバーブラウンのPCM1795、ADCにバーブラウンPCM4202を採用。スタンドアロンのAD/DAコンバーターとしても動作する。出力回路はデュアル・モノラル構成のフルバランス回路で、低ノイズ・高精度の電子部品を使用している。内蔵クロックに精度±1ppmの高精度TCXO(温度補償型水晶発振器)を搭載し、室温/機器温度に関わらず安定した信号処理が可能。外部クロックからの信号入力にも対応する。

背面にはアナログXLR、アナログRCA、AES/EBU、同軸、BNC端子を入力/出力それぞれに1系統ずつ搭載する。フロントパネルにはヘッドホン用の6.3mmフォーン出力と、USB端子がメディア用/キーボード用と2つ設けられる。キーボード用コネクタにUSBキーボードを接続することで、録音したファイルのタイトル編集に対応する。

背面

録音時の機能として、入力レベルの変化から自動的に曲間を検知し、ファイル分けをするオート・トラックインクリメント、手動でファイル分けができるマニュアル・トラックインクリメント、設定した一定レベル以上の入力信号を検知して録音を開始するシンクロ録音などを搭載。録音/再生中に任意の箇所やレベルがピークを超えた箇所、外部クロックとの同期が外れた箇所に目印をつけて記録し、そこまで頭出しができるマーク機能も搭載する。

外形寸法442.6W×57.5H×305Dmm。質量4.4kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドTEAC
  • 型番SD-500HR
  • 発売日2017年11月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格¥79,800前後)
【SPEC】●DAコンバーター:PCM1795 ●ADコンバーター:PCM4202 ●入出力端子:アナログXLR、アナログRCA、AES/EBU、同軸、BNC 入出力それぞれに1系統ずつ、6.3mmフォーンジャック×1、USB端子×2(メディア用×1、キーボード用×1) ●外形寸法:442.6W×57.5H×305Dmm ●質量:4.4kg。

関連記事