デザインは「AURAシリーズ」を踏襲

Harman Kardon、Alexa対応スマートスピーカー「Allure」を招待制で年内発売

編集部:押野 由宇
2017年11月08日
ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うオーディオブランドHarman Kardonから、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Harman Kardon Allure」を、日本のAmazon.co.jp での事前購入希望者に向けて、年内に招待制での発売を開始する。価格はオープンだが、24,880円(税抜)の実売が予想される。

「Harman Kardon Allure」

Harman Kardon Allure(ハーマンカードン アルーア)は、国内で初めてAlexaに対応したスマートスピーカーのひとつ。Alexa Voice Serviceを搭載したブランド初のスマートスピーカーでもある。IFA2017で出展された製品の日本発売が決定したかっこう(関連ニュース)。

ブランドの特徴とも言えるスケルトンボディは、Harmna Kardonを象徴するスピーカー「AURAシリーズ」を踏襲。アクションによってさまざまなパターンで点灯するLEDを中央に配置し、インテリア性も高めている。

底面には90mm径のサブウーファーを搭載することで、クリアな高音と豊かな低音かつ迫力のあるサウンドを可能としたという。また、30mm径のフルレンジスピーカー3台による無指向性のオーディオシステムにより、部屋のどこにいてもサイズを超えた迫力のサウンドが楽しめるとしている。

内部イメージ

本製品に話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などのスポーツ対戦の結果など、様々な要望や質問に応えることが可能。また、Wi-Fiを経由し、照明の操作やカーテンの開閉といったAlexa搭載機器に対しての操作を行える。

Bluetooth規格は4.2に準拠し、アナログ外部音声入力にも対応。周波数特性は40Hz〜20kHz。外形寸法は約166W×193H×166Dmm、質量は約2.5kg。

関連記事