2色をラインナップ

英B&W、aptX HD対応のノイズキャンセリング/Bluetoothヘッドホン「PX」を発表

編集部:小澤貴信
2017年10月04日
英B&Wは、同ブランド初となるノイズキャンセリング対応Bluetoothヘッドホン「PX」を発表した。

B&W「PX」

アクティブ・ノイズキャンセリングを搭載したアラウンドイヤータイプのBluetoothヘッドホン。B&WはこれまでもBluetoothヘッドホンとして「P5 Wireless」をラインナップしていたが、ノイズキャンセリング対応モデルは本機が初。なお、現時点で日本での発売はアナウンスされていない。

Bluetoothのコーデックは、48kHz/24bitを伝送可能な「aptX HD」に対応。そのほかSBC、AACにも対応している。

アクティブ・ノイズキャンセリングは3種類の環境フィルター(フライト・シティ・オフィス)を切り替え可能で、各環境に応じたノイズキャンセリングを選択できる。

ヘッドホン本体にセンサーを搭載しており、ヘッドホン使用時にイヤーカップを手で持ち上げたり、首にかけたりすると、自動的に音楽が一時停止。耳に戻すと再生が再開される。内蔵バッテリー容量は850mAhで、最大22時間の連続駆動が可能な点も特徴としている。

40mmフルレンジドライバーを搭載。ドライバーユニットに角度を付けることで、よりリアルで臨場感のあるサウンドを実現するという。音質面ではaptX HDへの対応に加え、入力信号を768kHzにデジタル処理でアップサンプリングすることで、より明瞭なディテールを描き出すと紹介されている。

専用アプリ「PX」も用意。ノイズキャンセリングの環境フィルター切り替え、ボイスパススルーなどの設定切り替えを本機から行うことができる。

なお、本機は有線ヘッドホンとしても使用ができる。質量は335g。

関連リンク

関連記事