オリジナルトミカ付きのギフトボックスも発売!

『カーズ/クロスロード』の4K UHD BDが11月22日発売

本山由樹子
2017年09月15日
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、映画『カーズ/クロスロード』の4K Ultra HD Blu-rayを11月22日に発売する。UHD BD+3D BD+2D BDの「4K UHD MovieNEX」の価格が7,800円(税抜/品番:VWAS-6550)、2D BD+DVDの「MovieNEX」の価格が4,000円(税抜/品番:VWAS-6549)、「MovieNEXギフトボックス」の価格が9,000円(税抜/品番:VWAS-6551)。3バージョンとも特典BD付き。先行配信は11月15日よりスタートする。

『カーズ/クロスロード』(4K UHD MovieNEX)

UHD BDの音声は英語がドルビーアトモス、日本語がドルビーデジタルプラス7.1chを収録予定。3D/2D BDの音声は英語がDTS-HDマスター・オーディオ7.1ch、日本語がDTS-HDハイ・レゾリューション・オーディオ7.1ch。

通常版の「MovieNEX」は、2D BD本編ディスク、DVD本編ディスク、特典ディスクの3枚組。初回限定として、リバーシブル・ジャケットを採用。2D BDの特典映像は音声解説、短編アニメ「LOU」、「生徒募集!ミス・フリッターのレーシング・スクール」、「若手レーサーに質問!」、「クルーズ・ラミレス誕生!」。特典ディスクには製作の舞台裏、「空から見た『カーズ/クロスロード』」、「スタッフの車物語」、未公開シーン、劇場予告編などが収録されている。専用サイトのMovieNEXワールドにソフト同梱のコードを入力することで、本編のデジタルコピーが取得できる。

「MovieNEXギフトボックス」は、上記のディスクと、トミカ3台(ライトニング・マックィーンRRCタイプ/クルーズ・ラミレス/ジャクソン・ストーム)、レーシングキット、キャラクターカード30枚セットをギフトボックスに収納した数量限定商品。トミカもレーシングキットもMovieNEXオリジナル仕様となっている。

「MovieNEXギフトボックス」の中身がこちら

「4K UHD MovieNEX」は4枚組で、UHD BD本編ディスク、3D BD本編ディスク、2D BD本編ディスク、特典ディスクを収録。3D BDの特典映像は短編アニメ「LOU」のみ。UHD BDには特典は収録されない。

〜〜あらすじ〜〜


無敵のレーサー、ライトニング・マックィーン(声:オーウェン・ウィルソン)は、最新技術を搭載したジャクソン・ストーム(声:アーミー・ハマー)に逆転負け。さらに大クラッシュを起こし、負傷してしまう。スポンサーからは引退を勧告され、マスコミも彼を過去のスター扱い。引退も考えた彼に勇気を取り戻させたのは、田舎町ラジエーター・スプリングスの仲間たちだった。

再起を懸け、最先端施設でトレーニングを始めるマックィーン。トレーナーは、マックィーンに憧れてレーサーを目指すも断念したクルーズ・ラミレス(声:クリステラ・アロンツォ)。しかし、思うように結果を出せず…。

〜〜〜〜〜〜


ディズニー/ピクサーの人気アニメシリーズ、6年ぶりの3作目。1、2作目で監督を務めたジョン・ラセターは製作総指揮に回り、前2作でストーリーボード・アーチストとして活躍したブライアン・フィーが監督デビューを飾っている。『モンスターズ・インク』と『トイ・ストーリー3』でアカデミー賞歌曲賞を受賞したランディー・ニューマンが音楽を担当。

ほのぼのムードの1作目、スパイ・コメディと化した前作から一転、今回は若手の台頭からすっかり過去の人となり、人生の岐路に立たされたマックィーンの一喜一憂ドラマが展開する。1995年に長編1作目『トイ・ストーリー』が全米公開されてから22年、「老い」をテーマにしたピクサー作品が出てくるとは、妙に感慨深い。勝ち目のないレースに挑むマックィーンが、亡き師ドック・ハドソン(声:ポール・ニューマン)の教えに再び触れるシーンは感動必至。ちなみに、故ポール・ニューマンの声は、未公開音声が使用されている。

走りの臨場感、メタリック塗装の質感、リアルな背景と、映像面も見どころ満載。ファミリーアニメながら、大人がグッとくるエモーショナルな1本だ。

(c)2017 Disney/Pixar

関連記事