Cabasseのスピーカー「MC170シリーズ」を使用

アバック秋葉原、パイオニアの7ch同時出力560Wを実現した新AVアンプ「SC-LX502」視聴会

編集部:川田菜月
2017年08月29日
アバック秋葉原本店は、パイオニアの7ch同時出力560Wを実現するドルビーアトモス/DTS:X対応AVアンプ「SC-LX502」とCabasse(キャバス)のスピーカーシステムの視聴会を9月9日に開催する。

SC-LX502は、7chパワーアンプを搭載し7.2ch再生に対応したミドルクラスの新AVアンプ。上位モデルにも採用されている「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載し、最大7ch同時出力で560Wという出力が可能。独自の音場補正技術「MCACC」、「フェイズコントロール」技術により、迫力の重低音、クリアな中高域の再生を実現するとしている(関連ニュース)。

SC-LX502

本イベントでは、フランスのオーディオブランド「Cabasse」のスピーカーシステム「MC170シリーズ」の発売記念も合わせて、両機を使用した視聴会を実施する。参加は事前予約制で定員15名。申込フォームから予約を受け付けている。概要は以下のとおり。

「Cabasse」のスピーカーシステムを使用

<パイオニア「SC-LX502」&Cabasse「MC170シリーズ」視聴会>
■日時:9月9日(土)13:00〜14:30
■参加人数:定員15名(事前予約制)
■会場:アバック秋葉原店 2Fプロジェクタースタジオ
■司会進行:パイオニアスタッフ、アバックスタッフ
■使用機材
AVアンプ:Pioneer「SC-LX502」
UHD プレーヤー:OPPO「UDP-205」
フロントスピーカー:Cabasse「JERSEY170」
センタースピーカー :Cabasse「SOCOA170」
リアスピーカー:Cabasse「ANTIGUA170」
トップスピーカー:PIEGA「AP1.2」
スーパーウーハー:ECLIPSE「TD520SW」

関連リンク

関連記事