これまで培った技術・知見を投入

くみたてLab、7万円からの新カスタムIEM「NEXT 5」。購入者向け試聴機貸出サービスも

編集部:成藤正宣
2017年04月28日
くみたてLabは4月29日より、カスタムIEMの新シリーズ「NEXT 5」として、「KL-CORONA(コロナ)」「KL-METEO(メテオ)」「KL-SIRIUS(シリウス)」3機種の受注を開始する。価格は「KL-CORONA」が70000円(税込)、「KL-METEO」「KL-SIRIUS」が90000円(税込)。納期はいずれも2か月前後。

「NEXT 5」はくみたてLabが次世代を見据えて展開するシリーズ。「これまでのIEM開発で培ってきた技術・知見を投入しながら手頃な価格でカスタムIEMに触れていただく事」をコンセプトに、低価格ながら高品質な製品を目指すという。

3ドライバーの「KL-CORONA(コロナ)」

「KL-CORONA」は中低域にデュアル、高域にシングルのBAドライバーを使用した3ウェイ・3ドライバーモデル。もともと2個1組で設計されているデュアルドライバーを低域・中域の2ウェイに分割し、厳密なネットワーク設計を施すことで、BAドライバー単体では得られない中低域を再生するとしている。

4ドライバーの「KL-METEO」

「KL-METEO」は低域、中高域それぞれにデュアルBAドライバーを搭載した2ウェイ・4ドライバーモデル。「爆発的な低音の量感ながら、ボーカル帯域をマスクすることのない、ユニークな音色を実現した」とする。

4ドライバーの「KL-SIRIUS」

「KL-SIRIUS」は中低域にデュアルBAドライバー、高域と超高域にシングルBAドライバーを搭載する4ウェイ・4ドライバーモデル。「KL-COLONA」と同様に中低域のデュアルドライバーを2ウェイとして使用することで、低域、中域、高域、超高域をBAドライバーが1基ずつ担当する4ウェイの帯域分けを実現。限りなくフラットな特性と、100Hz以下の低域を再生できる再現力を兼ね備えるとしている。

また「NEXT 5」リリースに合わせて、同社サイトでの注文者を対象に「試聴機プレデリバリー・サービス」を開始する。同社カスタムIEMを注文すると、製品が完成するまでの間、ユニバーサルタイプの試聴機を試用できるサービスとなる。試聴機の数が揃うまでは、各機種に在庫を設定するとのこと。

関連リンク

関連記事