ERATOの完全ワイヤレスイヤホンも試聴で人気

<ポタ研>Unique Melody「MAVERICK II」など一斉展示/NuForce注目のシングルBAイヤホン「HEM1」

編集部:川田菜月
2017年02月18日
フジヤエービック主催のポータブルオーディオ関連イベント「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)2017冬」が、2月18日に東京・中野サンプラザにて開催。本記事では、ミックスウェーブ、バリュートレードの出展内容をレポートする。

ミックスウェーブ

ミックスウェーブは、先日発売となったJH Audio「JH16V2 PRO」「JH13V2 PRO」「JH3X PRO」「ROXANNE」や、2月20日より発売されるUnique Melody「MAVERICK II」「MAVIS II」(関連ニュース)など、同社の取り扱い製品を一斉展示。イベント開始直後から試聴ブースには多くの人が訪れていた。

MAVERICK II カスタムのデモ機も用意。試聴には多くの人が列をなしていた

qdcからは、世界888台限定の1周年記念モデル「1LE Limited Edition」を出展。国内での取り扱い予定は50台未満とのこと。3月頃の発売を予定しており、価格は41,500円(税抜)。内部にはBAドライバーを1基搭載。バランスのとれた音質で、ジャンルを問わず様々な音楽に合うとのこと。筐体は金メッキを施した銅を採用し、ケースにも同じく銅を使用した煌びやかな仕様になっている。

世界888台限定の1周年記念モデル「1LE Limited Edition」。国内取り扱いは50台未満とのこと!


従来モデルも一斉に展開

他にも、リケーブルブランド・Beat Audioの5極φ4.4mm端子プラグ採用ケーブルや、iPhoneやiPadのLightning端子に直結できるLightningケーブルなどを参考出展。3月〜4月頃の発売を見込んでおり、従来の3.5mmステレオミニモデル等と同じ価格帯を想定しているとのこと。

5極φ4.4mm端子プラグ採用ケーブル

一番右の白いケーブルがLightningケーブル


Campfire Audio製品や、先日発売が始まったJH Audioの“PERFORMANCE”シリーズなど、注目アイテムが一斉に試聴可能

バリュートレード

バリュートレードは、NuForce/ERATO製品を出展。従来モデルから新発売機種、参考出展モデルなどを揃え、試聴ブースを展開していた。

参考出展のシングルBAイヤホン「HEM1」が参考出展。早速試聴に多くのユーザーが訪れていた

注目は、NuForceの1BAドライバー搭載イヤホン「HEM-1」を参考出展したこと。リケーブルにも対応しており、コネクタは2pinタイプ。付属ケーブルはオリジナル製品を用意している。ブラック/ブルー/レッドの3色をラインナップ。筐体の内側はメタリックな質感だが、外側はクリアになっていて中の構造が透けて見える。発売時期は未定だが、価格は12,000円〜13,000円前後を予定しているとのこと。手を出しやすい価格ながらリケーブルでも楽しむことができる本格的なモデルとなる。

従来モデルも一斉展示

コネクタ部のメカ感なども含め、3カラーともかっこいいイメージのカラーリング。筆者はグフカラーが好み

ERATOからは3Dサラウンド機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」を出展。本機は特許取得の「FitSealシリコーンスリーブ」とイヤーチップの2種類使用するタイプ。それぞれ3サイズずつ用意し、合計9通りの装着感を作り出すことができる。これにより人の耳型の90%程度はカバーができるとしている。

耳穴に入れたあと後ろ側に倒すようにして装着すると、しっかりと密閉された状態に。高い装着感で落ちにくくなっており運動時の使用にも向いているとのこと。ヘドバンもいけそう

関連記事