カセットテープ50周年記念

マクセル、カセットテープ「UD」の復刻版を6万巻限定で販売

編集部:風間雄介
2016年10月06日
日立マクセル(株)は、1972年に発売したカセットテープ「UD」のデザイン復刻版を数量限定で11月25日に発売する。

60分タイプの「UD C60」

同社は1966年に国内で初めてカセットテープを製品化し、今年でカセットテープ発売50周年を迎えた。それを記念したもので、近年アナログレコードやカセットテープなどアナログメディアの良さが見直され、若者から注目されているといった背景もある。

発売するのは10分の「UD C10」、46分の「UD C46」、60分の「UD C60」、90分の「UD C90」の4タイプで、それぞれ1巻入り。いずれもオープンだが、予想実売価格はC10が290円前後、C46が340円前後、C60が390円前後、C90が440円前後。

「UD」のデザインのみを復刻した製品で、テープは同社のカセットテープ「UR」グレード相当となる。いわゆるノーマルポジションで、ハイポジションやメタルテープなどではない。

なお全体で6万巻の販売を予定しており、生産数量の割合はC10が35%、C46が20%、C60が25%、C90が20%と、10分タイプが最も多い。

同社では「『UD』デザイン復刻版は、当時の製品の再現性を高めるためにブラックハーフ採用や日本製にこだわり、カセットテープになじみ深い世代にはノスタルジーを、若い世代には新鮮さが感じられる製品」とコメントしている。

関連記事