世界最大の音楽ストリーミング

Spotify、まもなく日本でサービス開始。3,000万曲を用意、有料版と無料版の2プラン

編集部:風間雄介
2016年09月29日
音楽ストリーミングサービス「Spotify」(スポティファイ)が、日本でサービスを開始する。すでにGoogle Playで日本語対応アプリを提供しており、サービスの概要が紹介されている(9月29日午前0時時点では「招待制」と書かれている)。iOSアプリの提供も開始された(9月29日9時50分追記)。その後スタート日や価格が正式発表された(9月29日13時15分追記)

Spotifyは数年前から日本法人を開設し、公式Facebookページを開設するなど、サービス開始に向けて準備してきた。

記事執筆時点でも「日本でのサービス利用は現在準備中です」と、近々サービス開始することを告知しているが、ついに正式にスタートする。

Spotifyは音楽をPCやスマートフォン、タブレットなどで再生できる。iOSアプリやAndroidアプリなども用意される。

提供するのは約3,000万曲で、J-Popなども含まれる。サービスプランは無料で音楽を楽しめるSpotify Freeと、定額制のSpotify Premiumの2プランから選択できる。

無料で音楽を楽しめる「Spotify Free」では、広告が表示される。スマホで使用する場合、シャッフルでアーティストやアルバム、プレイリストを再生できる。タブレットとパソコンでは、30日ごとに15時間のオンデマンド再生が可能だ。

アルバム一覧画面

またSpotify Freeでは、最新のトップチャートや全プレイリストにアクセスすることも可能。そのほかプレイリストの作成や共有も行えるほか、ジャンルやアーティスト名で選べるラジオステーションも聴くことができる。

チャートやニューリリースなども確認できる

再生中の画面

定額制のSpotify Premiumプランでは広告が表示されず、音質も320kbpsと、Freeに比べて高音質で利用できる。また楽曲ダウンロードも可能で、オフライン再生が行える。もちろん、好きな音楽を好きな順番で聴くことが可能だ。

関連記事