東京ゲームショウに出展

KDDI、複数人が同時参加できるVR作品。セガ「スペースチャンネル5」がVRで復活

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2016年09月05日
KDDIは、複数人が同時に参加できるVRコンテンツ「Linked-door loves Space Channel 5」を東京ゲームショウ2016に出展する。


国内通信事業者で初めて、通信を活用した複数人参加型のVRデモコンテンツを作成。VR空間内で他のユーザーと出会い、一緒に歩きながら音声で会話したり、ダーツで遊んだりするといったコミュニケーションを体験できる。

今回のコンテンツの最後には、セガ(現・セガゲームス)より約15年前に発売されたダンスと音楽を題材にしたゲーム「スペースチャンネル5」の世界の中をVRで楽しめるデモ版も用意。スペースポートを舞台に「スペースチャンネル5」の主人公で局のリポーター「うらら」が謎の宇宙人「モロ星人」と戦い、踊らされた人々を救出するリポートショーの現場を目の前で観覧しながら、一緒に応援して楽しむことができるという。

デモンストレーションは、VRシステム「HTC VIVE」を利用。東京ゲームショウ会場のVRコーナー内HTCブースにてデモを行う。また、リアルタイム動画合成技術の活用により、体験内容をブース内に設置した大型モニターディスプレイで見ることができる。

関連記事