aptX対応

米Dreamwaveブランドが日本上陸。Bluetoothスピーカー「Harmony」を発売

編集部:川田菜月
2016年05月20日
(有)フロントフィールドは、米Dreamwave社と日本総代理店契約を締結し、Bluetooth対応スピーカー「Harmony」の販売を開始した。オンラインショップでの販売価格は¥24,000(税込、送料込)。カラーはブラックとオレンジの2色。

Bluetoothスピーカー「Harmony」。オレンジとブラックの2色展開

「Harmony」は、Bluetooth対応のワイヤレススピーカー。Bluetoothの規格は、バージョン4.0+EDR、プロファイルはA2DP、AVRCP、aptXをサポートしている。また、スピーカーフォンとしても使用可能。

4,500mAhのリチウム充電池を搭載し、最大約18時間の連続再生が可能。エンクロージャーの素材はアルミを採用しており、革の帯と合わせて高級感のあるデザインにしたという。

再生周波数帯域は80Hz〜18kHz、出力は16W(8W×2)、S/N比は75dB。外形寸法は61.5Wx64.5H×231.5Dmm、質量は800g。

なお、価格などの詳細は明かされていないが、トランシーバーとしても使える「Venture」など、その他のBluetoothスピーカーを発売することも同ブランド公式サイトで紹介されている。

【問い合わせ先】
フロントフィールド
TEL/03-5614-0335

関連リンク

関連記事