HOME > ニュース > dアニメストア、アニソンクリップも配信。HTML5プレーヤーでChrome等からも利用可能に

アニメイトとの連携も開始

dアニメストア、アニソンクリップも配信。HTML5プレーヤーでChrome等からも利用可能に

2016/03/22 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
NTTドコモは、定額制アニメ見放題サービス「dアニメストア」に、新たにアニソンミュージッククリップを追加し、3月23日から提供開始する。また、同日から、アニメグッズ専門店のアニメイトとショッピング連携も開始する。加えて、PC向けにはHTML5ベースのプレーヤーも提供する。


■アニソンクリップは180曲から順次拡大。バックグラウンド再生にも対応予定

配信するコンテンツに、配信中のアニメ作品に関連するアニメソング(アニソン)のミュージックビデオを追加。提供当初は、アーティスト映像やオリジナル映像などのミュージッククリップ 約180曲を用意する。なお、2016年夏頃に「バックグラウンド再生」「プレイリスト再生」等の機能を追加する予定。

dアニメストアの画面

配信するアニソンクリップは、アーティスト映像、ノンテロップアニメ映像、dアニメストア限定のオリジナル映像の3種類。上記のようにまずは180曲程度の提供から始め、順次作品数を拡大していく。アニソンクリップの配信開始は23日10時からで、提供楽曲の一例は下記の通り。

楽曲自体のPVとアニメのノンテロップ映像に加えてオリジナル映像も用意

<アーティストが歌っている映像のミュージッククリップ>
・Daydream cafe/Petit Rabbit's(ご注文はうさぎですか?)
・X-encounter/黒崎真音(東京レイヴンズ)
・紅蓮の弓矢/Linked Horizon(進撃の巨人)
・シドニア/angela(シドニアの騎士)

<アニメ映像(テロップ非表示)のミュージッククリップ>
・炎のさだめ/TETSU(装甲騎兵ボトムズ)
・ケロッ!とマーチ/角田信朗&いはたじゅり(ケロロ軍曹)

<「dアニメストア」オリジナルミュージッククリップ>
・冒険でしょでしょ?/平野綾(涼宮ハルヒの憂鬱)
・ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C/ヒャダイン(日常)

作品詳細ページをスクロールすると「関連のアニソン」を表示

もちろんアニソンクリップも月額400円で見放題の対象

■HTML5プレーヤー登場によりCromeとEdgeからも視聴可能に

HTML5対応プレイヤーの提供開始も23日の10時から。本プレイヤーの提供により、対応ブラウザに「Google Chrome」と「Microsoft Edge」が追加されることになる。

HTML5プレイヤーを投入

また、HTML5プレイヤーでは、通信環境にあわせて画質を自動調整したり、音声のビットレート選択などの新機能も搭載している。選択できるビットレート等は現時点では非公開。

アニイトとの連携では、「dアニメストア」で配信中の作品ページに関連グッズの情報を掲載。グッズを選択すると、直接「アニメイトオンラインショップ」に遷移し購入できる。

関連グッズをアニメイトのウェブサイトで簡単に購入できるようにした

さらに、アニメイトでは「アニメイトオンラインショップ dアニメストア店」を開設。「dアニメストア」で配信中の作品に関するグッズ紹介やクーポン等の特典を提供する。

■「アニソンユーザーは作品への愛がある」

NTTドコモ プラットフォームビジネス推進部 担当部長の田中伸明氏は、「アニソンは、アニメ1作品に対して、主題歌だけじゃなくてキャラソンや挿入歌などかなりの曲数が連動している」と、アニソンの特徴を紹介。「そのため、かなりのユーザーが楽しんでもらえるものではないかと思っている」と今回のサービス拡充の狙いを説明する。

NTTドコモ 田中氏。ちなみにアニメ原体験は中学生の頃に友人から勧められた「アップルシード」だったとのこと

また、アニソンはジャニーズ系音楽やアイドル楽曲と同規模の市場を持っていることにも触れ、「アニソンユーザーには実際に作品への愛がある」とコメント。「その部分をぜひサポートしていきたい」と続けた。

現段階では約1600作品のアニメが見放題。アニメを舞台化した“2.5次元”映像やアニソンライブ映像なども配信されている

発表会には、「東京レイブンズ」のオープニングテーマなど人気アニメ作品の楽曲を担当してきた歌手の黒崎真音さんも登場。最近の作品では「おそ松さん」にハマっているという黒崎さんは、「dアニメストアのランキングで上位にいるので興味を持って、見てみたら一気にハマった」と、dアニメストアを活用している様子を見せたほか、dアニメストアをイメージして描いた自筆イラストも披露した。

黒崎真音さん。“推し末”は十四松だとのことで「部屋に黄色いグッズがどんどん増えていく」とコメント

自作イラストも披露


この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE