CEATECでデモ

エプソン、スマートグラス“MOVERIO”で「RICOH THETA」の360度画像を楽しめるアプリを開発

編集部:小澤 麻実
2015年10月01日
エプソンは、スマートグラス“MOVERIO”「BT-200」用のスマホ/webアプリを開発できる「デバイスコネクトWebAPI」を使って、リコーの全天球撮影対応カメラ「RICOH THETA」と連携。MOVERIOを使ってTHETAで撮影した360度動画/静止画を視聴できるようにした。

“MOVERIO”「BT-200」

THETAの撮影操作をMOVERIOから行えるほか、THETAで撮影した動画/静止画をMOVERIOでの表示に最適化した映像に変換。視聴する際は、MOVERIOに内蔵された加速度センサーやジャイロセンサーを利用し、頭の動きに合わせて視点移動が行えるため、あたかもその世界のなかにいるかのような視聴体験ができるという。

本件のイメージ図

このデモはCEATECのエプソンブース(ホール3:ブース3N46)で体験することができる。

また、このシステムを基に一般向けアプリも開発。(株)GClueからMOVERIO専用アプリダウンロードサイト「MOVERIO AppsMarket」として提供予定とのことだ。

【問い合わせ先】
エプソンインフォメーションセンター
TEL/050-3155-7010

関連リンク

関連記事