aptXにも対応

ゼンハイザー、Bluetooth対応のヘッドホン「URBANITE XL WIRELESS」

編集部:近藤 貴彦
2015年06月16日
ゼンハイザージャパン(株)は、アラウンドイヤー型ヘッドホン「URBANITE XL(関連ニュース)」のBluetoothモデル「URBANITE XL WIRELESS」を7月9日より発売する。価格はオープンだが、37,000円前後での実売が予想される。

URBANITE XL WIRELESS

Bluetooth規格はver4.0+EDRに準拠し、ワイヤレス通話も行える。また、8つの異なったデバイスとのペアリングを認識し、2つのデバイスとのマルチペアリングが可能とのこと。

ハウジングにはコントロール部を備える。ハウジングにタッチすることで、再生・停止・頭出し・ボリュームコントロール・通話切り替えなどの操作が可能。

折り畳みが可能

同社では、ワイヤレスモデルついて「利便性を向上させても、音質に妥協はありません」としており、コーデックはSBCの他にaptXにも対応している。

ケーブルでの有線接続にも対応しており、ユニバーサルタイプの1.2mケーブルが付属する。その他、付属品としてキャリングケース、USB充電ケーブルも同梱。

周波数特性は16Hz〜22kHz、インピーダンスは18Ω、感度は110dB。質量は約310g(ケーブル重量を除く)。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSENNHEISER
  • 型番URBANITE XL WIRELESS
  • 発売日2015年7月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格37,000円前後)
【SPEC】●型式:密閉・ダイナミック型 ●周波数特性:16〜22,000Hz ●インピーダンス:18Ω ●感度:110dB以上 ●Bluetoothバージョン:ver.4.o+FDR ●対応コーデック:SBC/aptX ●ケーブル長:1.2m ●プラグ:φ3.5mm4極ステレオミニプラグ ●質量:約310g(ケーブル含まず)

関連記事