N-Blackパネルで低反射かつ画質向上

シャープ、4K60p入力対応のフルHD “AQUOSクアトロン プロ”「XL20」

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月02日
シャープ(株)は、フルHDモデルでありながら、独自の4原色技術により、4K相当の高精細な表示が行える液晶テレビ“AQUOS”「XL20ライン」を11月10日に発売する。「THX ディスプレイ規格」の認証も取得している。

XL20ラインは60/52/46V型の3サイズをラインナップする。

・60型「LC-60XL20」¥OPEN(予想実売価格28万円前後)
・52型「LC-52XL20」¥OPEN(予想実売価格24万円前後)
・46型「LC-46XL20」¥OPEN(予想実売価格21万円前後)

LC-60XL20

LC-52XL20

4K60p入力やHDCP 2.2に対応

同社では従来から、独自の4原色パネルと「超解像 分割駆動エンジン」を使って、フルHDパネルでありながら4K相当の構成再表示を実現した“AQUOS クアトロン プロ”XL10ラインを発売してきた。今回発表したXL20ラインはその後継機種となる。

高精細なAQUOSの製品ラインナップ

XL20ラインの商品概要

「超解像 分割駆動エンジン」は、独自の「4原色技術」を採用したフルHDパネルの1画素内で、明暗を縦横方向それぞれに分割した単位で駆動する。4原色技術の画素配置内で輝度ピークを含む赤・緑・青色や、青・黄・赤色の組み合わせをそれぞれ独立して駆動させることにより、まず横方向の解像感を倍に向上。その上で縦方向についても、各色のサブピクセルを上下2つに分けて輝度レベルを制御する駆動方式MPD(マルチピクセルドライブ)技術を採用することで、1画素内に2つの輝度ピークを作り解像感を倍にしている。

4原色パネルを用いることで解像感を引き上げる「超解像 分割駆動エンジン」を搭載

加えて今回のXL20ラインでは、4K60p入力に対応するHDMI入力端子を装備した。これまでは4K/30pまでの対応だったため、新機種では4K/60pの放送/VODコンテンツなどをそのまま入力できるようになる。さらに、4K放送や今後登場予定の4Kパッケージソフトでも使われると言われている新しい著作権保護技術「HDCP 2.2」にも対応している。

HDMI 2.0に準拠し、4K60p入力が可能。HDCP 2.2にも対応している

またXL20ラインは、色再現性を高めた点も特徴。4原色パネル専用の「リッチカラーテクノロジー」を搭載し、デジタルシネマの色域に迫る色表現力を獲得した。XL10ラインと比べると色再現範囲は約12%程度広がっている。具体的にはLEDの蛍光体を工夫した。

説明を行ったシャープ(株)の指出実部長

「リッチカラーテクノロジー」によって色再現性能を高めた

パネル表面は発色の良さと黒の締まり、そして低反射性能を両立させた「N-Blackパネル」を採用した。同社のモスアイパネルよりは反射が大きいが、クリアパネルに比べても発色や黒の再現は上回るレベルにあるという。

「N-Blackパネル」とモスアイや低反射、グレアパネルの比較

消灯時のパネルを撮影したところ。左がN-Blackパネル、右がグレアパネル。右の方が映り込みが多いことがわかる

「THX ディスプレイ規格」認定も取得しており、THX社の定める明るさの均一性(ユニフォーミティ)や色再現の正確さ、動画処理など様々な項目について、開発段階から厳密なテストを行い、その条件をクリアしているという。

「THX ディスプレイ規格」認定も取得した

米THX社の担当者がTHXディスプレイについて解説


THX製品の認定プロセス

パネルパフォーマンスや光学エンジンのユニフォーミティなども計測
スピーカーは2.1chで、本体前面にトゥイーター×2基、ミッドレンジ×2基を搭載。背面にはサブウーファーを搭載した3ウェイ5スピーカー構成となる。低域も効いた35W音声出力となる。なお、音声処理プロセッサーにはヤマハのAudioEngineを使用している。

2.1chの3ウェイ5スピーカーを搭載

デザインは狭額デザインを採用。浮遊感のあるデザインと、安定感のあるセパレートスタンドを特徴としている。

本機のリモコン

狭額デザインを採用

3DやBT、Miracastなどに対応

機能面では、Bluetooth接続の3Dメガネを使った3D表示に対応。さらにBluetoothは、スマートフォンやタブレット内の音楽再生にも利用できる。さらにWi-Fiも内蔵し、Miracastにも対応している。

ハイブリッドキャストやAQUOS Cityなど様々なサービスや機能に対応

サービスでは、ハイブリッドキャストやAQUOS Cityなどにも対応。コンテンツマネージャー機能を搭載したことにより様々なコンテンツを手軽に再生でき、DLNAプレーヤー/レンダラー/サーバーにも対応している。

「AQUOS Quattron Pro 3D」のロゴマーク

THXのロゴマークも見える

もちろんUSB-HDD録画にも対応。W録や長時間録画も行え、DTCP-IPダビングにも対応している。

セガが開発した知育エンタメ機能を搭載

さらに新しい取り組みとして、セガが開発した知育エンターテインメント機能「テレビーナ」を、テレビとして初めて搭載した。

「テレビーナ」の概要

ソニックが登場するゲームを第一弾コンテンツとして用意する

テレビーナは、無線LANで接続したテレビとスマホあるいはタブレットの2つの機器で対応アプリを動作させ、テレビに表示した画像とスマホのコンテンツ操作を連携させて楽しむエンターテイメントシステム。知育コンテンツを用意する。スマホ側のアプリは、まずはAndroid対応版を11月10日の発売と同時にリリース。その後iOS版アプリのリリースも行う予定だ。

テレビーナの対応アプリは、第一弾として、ソニック・ザ・ヘッジホッグが登場する「ソニックとナゾの宝石」を用意。今後も楽しく学べるアプリを積極的に展開していくという。

なお、テレビーナの対応機器は、今回のAQUOS XL20ラインを皮切りに、順次増やしていく予定としている。
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-60XL20
  • 発売日2014年11月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格28万円前後)
【SPEC】●サイズ:60型 ●画素数:1,920×1,080 ●チューナー:地上/BS/110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●コントラスト:1,000万対1 ●接続端子:HDMI入力×4、D5×1、AV入力(RCAピン)×1、光デジタル音声出力×1、アナログ音声出力×1、ヘッドホン×1、PC入力(ミニD-Sub15ピン)×1、USB×3、LAN×1、SDカードスロット×1 他 ●消費電力:約202W(待機時0.1W) ●外形寸法:1,353W×900H×361Dmm(スタンド含む) ●質量:約29.5kg
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-52XL20
  • 発売日2014年11月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格24万円前後)
【SPEC】●サイズ:52型 ●画素数:1,920×1,080 ●チューナー:地上/BS/110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●コントラスト:1,000万対1 ●接続端子:HDMI入力×4、D5×1、AV入力(RCAピン)×1、光デジタル音声出力×1、アナログ音声出力×1、ヘッドホン×1、PC入力(ミニD-Sub15ピン)×1、USB×3、LAN×1、SDカードスロット×1 他 ●消費電力:約167W(待機時0.1W) ●外形寸法:1,193W×804H×296Dmm(スタンド含む) ●質量:約23.5kg
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-46XL20
  • 発売日2014年11月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格21万円前後)
【SPEC】●サイズ:46型 ●画素数:1,920×1,080 ●チューナー:地上/BS/110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●コントラスト:1,000万対1 ●接続端子:HDMI入力×4、D5×1、AV入力(RCAピン)×1、光デジタル音声出力×1、アナログ音声出力×1、ヘッドホン×1、PC入力(ミニD-Sub15ピン)×1、USB×3、LAN×1、SDカードスロット×1 他 ●消費電力:約152W(待機時0.1W) ●外形寸法:1,055W×725H×296Dmm(スタンド含む) ●質量:約20kg

関連記事