イオンシネマ岡山にDolby Atmos導入 − 12月5日開業の新シネコン

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月22日
ドルビーは、同社の劇場用シネマ音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」が、12月5日に開業予定のイオンシネマ岡山に導入されると発表した。

イオンシネマ岡山は、JR岡山駅から地下道で徒歩5分という立地にオープン予定のイオンモール岡山に開業。ドルビーアトモス対応設備は同劇場の7番スクリーンに導入される。

Dolby Atmosは、観客を全方位から取り囲む、現実に限りなく近い音の世界の創出を狙うサラウンド技術。天井に設置されたスピーカーにより高さを含む3次元的な表現が可能で、再生環境のスピーカーの配置に制限されることなく映画館内のあらゆる場所に音を定位/移動させて再生させることができるという(体験レポートはこちら)。なお、家庭用としても同技術を搭載した製品が各社から発表されている。

関連記事