TW-BT5がベース。2色展開

OLASONIC、ステレオBluetoothスピーカー「TW-BT55ST」

ファイル・ウェブ編集部
2014年03月13日
(株)東和電子は、OLASONICブランドの新製品として、ステレオタイプのBluetoothスピーカー「TW-BT55ST」を4月中旬に発売する。価格はオープンだが、14,580円前後での販売が予想される。本体色はノーブルブラックとブリリアンホワイト。

「TW-BT55ST」(ノーブルブラック)

「TW-BT55ST」(ブリリアンホワイト)

本機は、同社がOLASONICシリーズで培ってきた小型スピーカー技術とBluetoothによるワイヤレス接続の使い勝手を組み合わせた製品。左右独立スピーカーを採用し、各スピーカー間はオーディオケーブルで接続する。筐体はタマゴ型で、内部の反射を抑えている。


パッシブラジエーターも備える
ユニットはφ50mmのポリプロピレン振動板と、ユニット径を上回るφ55mmの大型マグネットを採用した。53mmのパッシブラジエーターも備える。アンプには独自のSCDS技術を搭載し、最大出力は10W+10Wを実現している。

スピーカー前面のパネル裏には新設計の大型ディフューザーを搭載。これにより、音場を広げることに成功している。

Bluetoothは ver 2.1 + EDRで、対応プロファイルはA2DP/AVRCP。対応コーデックはSBCのみ。SCMS-Tにも対応しており、ワンセグの音声にも対応する。またNFCにも対応しており、対応スマホとワンタッチでペアリングができる。

電源はACアダプターまたはリチウムイオン充電池で、リチウムイオン充電池の充電時間は約2.5時間、電池持続時間は約6時間。

外形寸法は87W×152H×87Dmm、質量は880g(左右2台合計)。

TW-BT5をステレオ仕様にする増設スピーカー「TW-SP5」

既に発売中の、同社のモノラルBluetoothスピーカー「TW-BT5」と接続することでステレオ仕様にできる増設用スピーカー「TW-SP5」も4月中旬に発売する。価格はオープンだが4,780円前後での販売が予想される。本体色はTW-BT55STと同様、ノーブルブラックとブリリアンホワイト。

「TW-SP5」(ノーブルブラック)

「TW-SP5」(ブリリアンホワイト)

スピーカー部の仕様はTW-BT5と同じで、φ50mmのポリプロピレン振動板、φ55mmの大型マグネット、53mmのパッシブラジエーターを搭載している。外形寸法は87W×152H×87Dmm、質量は400g。

なお、このTW-SP5にあわせ、TW-BT5にノーブルブラックモデルも追加される。

【問い合わせ先】
(株)東和電子
Olasonicサポートセンター
Tel/03-6303-9814

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドOLASONIC
  • 型番TW-BT55ST
  • 発売日2014年4月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格14,580円前後)
【SPEC】●スピーカーユニット:φ50mm コーン型フルレンジ ●スピーカーマグネット:φ55mm 高能率フェライトマグネット ●パッシブラジエータ:φ53mm 発泡ウレタン ●アンプ出力:10W+10W(ダイナミックパワー) ●アンプ方式:スーパーチャージドドライブシステム(SCDS)方式 ●電池持続時間:約6時間(音楽再生時) ●外形寸法:87W×152H×87Dmm(スピーカー1台) ●質量:880g(左右2台合計)

関連記事