合計出力は最大48W

サンワサプライ、aptXやNFCに対応した据え置き型Bluetoothスピーカー

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月27日
サンワサプライは、aptXやAACに対応したBluetooth内蔵アクティブスピーカー「400-SP050BK」を発売した。直販サイト価格は12,800円(税込)。

400-SP050BK

バスレフ方式のアクティブスピーカーシステムで、Bluetooth 4.0を内蔵。対応プロファイルはA2DP、AVRCPで、コーデックはSBCに加えてaptX、AACに対応する。NFCにも対応し、対応するBluetooth機器をワンタッチでペアリングすることが可能だ。

スピーカーユニットは88.9mmウーファー、19.1mmトゥイーターを搭載。アンプ部の最大出力は48W(20W×2+4W×2)となる。スピーカー部のインピーダンスは4Ω。周波数特性は50Hz〜20kHz。

右チャンネル側のスピーカーにアンプや各端子、ボリュームやイコライザーの調整ノブ、NFCセンサーを搭載。Bluetoothの他、アナログ入力(RCA端子)も1系統備える。イコライザーは高域/低域を調整可能だ。

外形寸法は145W×225H×220Dmm、質量は約4.3kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドSANWA SUPPLY
  • 型番400-SP050BK
  • 発売日2014年2月27日
  • 価格直販サイト価格12,800円(税込)
【SPEC】●実用最大出力:48W(20W×2+4W×2) ●周波数特性:50Hz〜20,000Hz ●型式:バスレフ式フルレンジスピーカーシステム(非防磁設計) ●インピーダンス:4Ω ●Bluetoothバージョン:ver.4.0 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP ●外形寸法:135W×225Hbatu220Dmm ●質量:約4.3kg(本体のみ)

関連記事