Twitter社と協業。'14年6月提供開始

ビデオリサーチ、テレビ番組をTwitter反応で分析する「Twitter TV指標」

ファイル・ウェブ編集部
2013年12月10日
(株)ビデオリサーチは、Twitter上でのテレビ番組の反応を測る「Twitter TV指標」の提供開始について、米Twitter社と協業で取り組むことを発表した。2014年6月の提供開始を予定している。

「Twitter TV指標」は、「ツイートの投稿数」「ツイートしたユーザー数」「インプレッション数」「インプレッションユーザー数」などにより構成する。

「インプレッション」はTwitter社との協業により、ビデオリサーチが国内で初めて提供するもの。ツイートの到達を示すものであり、「Twitterによるテレビ視聴への誘引効果」の把握に寄与する項目となる。

なお、従来はハッシュタグを基準とした指標の整備を目指していたというが、ハッシュタグを用いないツイートも多数存在することを踏まえ、ハッシュタグとキーワードの両者を用いたツイートの取得システムを採用するという。

同社では本件について、テレビとソーシャルメディアの連携が様々な場面で実施されており、両者の関係性を表す共通指標整備として取り組むものと説明。指標の提供に加え、ツイートの解析にも積極的に取り組んでいくとしている。

また、今後ともテレビ番組だけでなく「テレビCM」や「タレント」の指標開発なども実施していくとのこと。

関連記事