関西・九州・山口エリアで

J:COM、KDDIの“Smart TV Box”連携スマートテレビサービスを11月開始

ファイル・ウェブ編集部
2013年10月28日
(株)ジュピターテレコム(J:COM)は、スマートフォン/タブレットと連携するスマートテレビ新サービスを11月より順次提供開始する。

サービス第一弾として、2つのサービスを11月より関西・九州・山口エリアで提供開始する。1つ目は、KDDIのAndroid 4.0搭載STB“Smart TV Box”が利用できる「スマートお得プランEX」で、月額利用料金は9,975円。2つ目は、Smart TV Boxとソニーのタブレット「Xperia Tablet Z」の両方を提供する「スマートお得プランEX with タブレット」で、月額利用料金は11,550円。なお、後者はXperia Tablet Zレンタル料として、初期費用15,750円と、タブレット月額利用料1,575円が別途必要となる。Xperia Tablet Zは、レンタル期間終了後にユーザーに無償譲渡される。

Smart TV Box(左)と、Xperia Tablet Z(右)

そのほかにも同社では、Smart TV Boxに接続できるバッファロー製外付けUSB-HDDの販売も開始する。こちらは1TBモデルが8,925円で、2TBモデルが11,970円。

さらにサービス第二弾として、独自開発の次世代STBによるスマートテレビサービスも来年初頭に提供開始予定とのこと。こちらは直感的で使いやすいUIを採用するというJ:COMオリジナルの統合ナビゲーション機能を搭載する予定。

関連リンク

関連記事