<ヘッドホン祭>ADLから初のイヤホン「EH008」/ROTEL小型プリメイン/アコリバ単線リケーブル

ファイル・ウェブ編集部
2013年10月26日
10月26日と27日の2日間、「秋のヘッドフォン祭 2013」が東京・青山の「スタジアムプレイス青山」で開催されている。入場は無料。ここでは、ADLとポーカロ・ライン、アコースティックリバイブの模様をお伝えしよう。

ADL

フルテックのブランド「ADL」からは、同ブランド初のイヤホン「EH008」が披露された。早ければ年内に発売し、価格は2万円前後を想定している。

ADLとして初のイヤホン「EH008」

8mmと5.8mmのデュアルダイナミックドライバーを装備したモデル。インナーハウジング素材にはドライバーの制振のため、特殊なABS樹脂を採用。アウターハウジングはADLが得意としているリアルカーボンファイバー素材を使った。また耳にしっかりと固定させるためのストッパーが筐体外部に設けられていることも特徴で、素材にはエラストマーを採用している。

イヤーピースはXS/S/Mサイズが付属。ケーブル長は1.3m、α-OFC素材が用いられている。

そのほかADLブースでは、Lightning - USBケーブル「GT8-A」を紹介。本日発売された新モデルで、価格は13,000円。ケーブル長は10cm。α-OCC素材を導体に採用している。

Lightning - USBケーブル「GT8-A」など、各種ケーブル類も展示していた

さらにLightningに対応したヘッドホンアンプ「X1」やヘッドホン「HD118」など、おなじみのモデルも多数展示されている。

ポーカロ・ライン

ポーカロ・ラインは、ROTELの小型プリメインアンプ「RDA-06」を出展した。12月発売予定で、予価は8万円。同じROTELのUSB-DAC「RDD-06」と横幅・高さが同じで、組み合わせての使用を想定している。リモコンも備え、RDD-06と本機の操作を一つのリモコンで行うこともできる。

ROTELのプリメインアンプ「RDA-06」

ポーカロ・ラインはおなじみの米Microshar製USB-DACも展示していた

アンプはCLASS Dで、4Ωスピーカーにも対応する。連続定格出力は20W+20W(6Ω)。スピーカーターミナルは3ウェイで、バナナプラグにも対応する。

アコースティックリバイブ

アコースティックリバイブは、リケーブル製品を中心のブース構成を行った。PCOCC-A単線を採用したことで、音の濁りや位相の乱れを排除するとアピール。またフッ素系絶縁材や天然シルク緩衝材による2芯シールド構造、磁性体を排除するロジウムメッキ仕様のジャックなどについてもアピールしていた。SHURE製イヤホン用のMMCXコネクタ対応モデルも置かれ、実際にその音質を確認することができた。

アコースティックリバイブはリケーブルを中心に出展した

関連記事