BelkinやCreativeのヘッドセットなど

<IFA>SMS、Bluetooth 4.0対応スピーカー「Sync」/iZoneのヘッドホンをまとめてチェック

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月09日
広大なIFA会場の中には、「IZone」というゾーンが設けられている。その名の通り、iPhoneやiPad、iPodなど、アップル製“i”デバイス用の周辺機器、アクセサリーなどを紹介するゾーンだ。

このiZoneには、ヘッドホンメーカーもいくつかブースを構えていた。またiZone以外のブースでも、今回のレポートで紹介しきれなかったヘッドホン関連商品が多く出展されていた。注目のヘッドホンやイヤホン、Bluetoothスピーカーなどを紹介していこう。

SMS Audio「SYNC by 50 Wireless Speaker」

日本では「STREET」シリーズが販売されている、ヒップホップアーティスト「50 CENT」がプロデュースしたヘッドホンブランド、SMS Audio。iZoneのSMS Audioブースでは、KLEER技術を搭載したワイヤレスヘッドホン「Sync」シリーズなど様々な商品が展示されていた。

ポップな色を使ったカラフルなモデル、ラインストーンをあしらったモデルなど派手なヘッドホンが多い

中でも目玉となるのが、本国のアメリカでもこの8月に発表されたばかりのBluetoothスピーカー「SYNC by 50 Wireless Speaker」。Bluetooth 4.0に対応し、aptX技術にも対応。高品位な音楽伝送が可能だ。また3Dステレオサウンド技術も装備しているほか、イコライジングを5つのプリセットから選択する個とも可能だ。

SMS Audio「SYNC by 50 Wireless Speaker」

さらにNFCも内蔵。NFC対応スマホなどをタッチするだけでBluetoothのペアリングが完了する。

■iZoneなどに展示されていた商品を写真で紹介

そのほか、iZoneに展示されていたモデルを中心に、注目製品をまとめて紹介していこう。

BRAVENのポータブルBluetoothスピーカー「855s」。IPX3相当の防水性能を備えている。ほかの850シリーズとワイヤレスで接続し、ステレオ再生を行うこともできるという優れものだ

同じくBRAVENの「BRV-1」。小型のBluetoothスピーカーで、防水性能はIPX5とアウトドアシーンで活躍する。スマホのバッテリーを充電する機能も備えている


ベルキンのヘッドホン「PURE AV 009」。シンプルなデザインが特徴だ。価格は89ユーロ

同じく「PURE AV 009」のホワイトモデル。ほかに「PURE AV 005」というモデルも置かれており、こちらは49ユーロだった


おなじみJAWBONEのBluetoothスピーカー「JAMBOX」「BIG JAMBOX」も展示されていた。アメリカでは非常に人気のあるブランドだ

ロジテック(日本ではロジクール)が扱う、UEブランドのBluetoothスピーカー「BOOM」。様々なカラーリングが揃う


SCOSCHEもiZONEにブースを出展。写真は「RH1056M」

写真は「RH1060」


PUMAブランドのヘッドホン「PUMA VORTICE OVER EAR」。日本でもすでに発売されている製品だ

PUMAブランドのBluetoothスピーカー「Soundchuck Bluetooth Speaker」。スピーカー部を分離することが可能なユニークな作りとなっている


国内でも発表済みの、クリエイティブの多機能ヘッドセット「EVO ZxR」。独自のサラウンド機能や声を明瞭に再現する技術、Bluetooth、NFCなど様々な機能を備えている

「EVO Zx」も出展。シリーズは赤と黒がコンセプトで、ゲーマーに受けそうなサイバーなデザインとなっている


Skullcandyのヘッドホン「CRUSHER」。ある帯域以下の低音が入力されると、ヘッドホン自体が振動するという新発想のヘッドホンだ

Skullcandyはヤンキースやポール・フランクなど、様々なコラボモデルも用意していた


日本ではミックスウェーブが取り扱う、フランスのブランドSUPERTOOTH。Bluetooth関連のデバイスをメーカーに提供している会社だが、エンドユーザーに向けた商品も展開している。写真はヘッドセット「FREEDOM」。まだ発売されていない商品だという

写真は同じくSUPERTOOTHの車内用スピーカーフォン「CRYSTAL」。新製品で、価格は59ユーロ

関連記事