ソニー、「RECOPLA」Android版での「ワイヤレスおでかけ転送」対応を開始

ファイル・ウェブ編集部
2013年06月05日
ソニーは、「RECOPLA」アプリのAndroid版をアップデート。BDレコーダーに録画した番組を、Android OS搭載タブレット端末にワイヤレスで転送する「ワイヤレスおでかけ転送」機能がRECOPLAで利用できるようにした。

「6月中」とアナウンスされていたアップデート(関連ニュース)が実行された形。アップデートによりUIの上部へ「ダウンロード(おでかけ転送)」というメニューが追加され、RECOPLA上からおでかけ転送の指示が出せるようになる。

UIイメージ。上部に新たなメニューが追加されている

「ワイヤレスおでかけ転送」は、対応端末へホームネットワーク経由で録画番組をワイヤレス転送できる機能。先行してアップデート済みの「Twonky Beam」単体でもおでかけ転送を利用可能だったが、より簡単に同機能を利用できるようになった。

なお、Twonky Beamでの「ワイヤレスおでかけ転送」の利用は有償(700円)。ただしAndroid端末の場合は2013年1月30日/iOS端末は3月1日までに利用したことのあるユーザー、およびNTTドコモ端末は無償利用可能となる。

「ワイヤレスおでかけ転送」機能を搭載するBDレコーダーはBDZ-EX3000/ET2000/ET1000/EW2000/EW1000/EW500。

関連リンク

関連記事