iOS/Android両対応

DeNA、スマホ向け音楽事業に参入 − 「Groovy」を2012年度内に展開

ファイル・ウェブ編集部
2013年01月10日
(株)ディー・エヌ・エー(DeNA)は、2012年度内に開始予定のiOS及びAndroid端末用の音楽サービス「Groovy」(グルーヴィー)における業務提携についてユナイテッド(株)と合意した。

DeNAは、ユナイテッドが権利を有するiOS及びAndroid端末用の音楽再生アプリケーション「Discodeer」(ディスコディア)を譲り受け、その後継サービスとして「Groovy」を展開。音楽プレイヤーの機能に、ソーシャルネットワークサービス機能を備えたサービスとなる。

楽曲については、ソニーミュージック、ユニバーサルミュージック、ビクターエンタテインメント、エイベックスなど20社以上のコンテンツパートナーと提携。サービス開始当初から100万曲以上が揃う予定だとしている。

なお、ユナイテッドは、「Discodeer」等のサービス提供で蓄積したスマートフォン向けアフィリエイトメディアの運営ノウハウを活かして、「Groovy」のアフィリエイトメディア領域をDeNAと共同展開する。

「Discodeer」は、2011年12月14日にサービスを開始した音楽アプリ。約10ヶ月で150万ダウンロードを突破、AppStoreランキングのミュージックカテゴリで1位を記録したという。「音楽の再生と同時に歌詞が表示される」「同じ曲を聴いている人が分かる」「好きな曲をみんなに教える」といったことを無料で行える。

関連記事