Vuzix、HDMI入力/スマホ対応メガネ型ディスプレイ「STAR1200XLD」

ファイル・ウェブ編集部
2012年12月11日
Vuzixは、HDMI入力に対応するメガネ型のディスプレイ“ビデオアイウェア”「STAR1200XLD」を12月下旬に発売する。価格はオープンだが、449,800円前後での実売が予想される。完全受注生産で、納期は30日前後。

STAR1200XLD

ARアプリケーション向けのディスプレイ端末で、約3m先に76インチの仮想スクリーンをシースルー表示できる。解像度WVGA(852×480)を2基備えており、視野角は35度。サイドバイサイドの3D表示にも対応する。Accutiltによるディスプレイ角度調整もサポート。1080p HDカメラも備える。

入力端子には、MHLに対応するHDMI入力端子(1.4a)のみを備えている。本機とスマートフォンやタブレットをHDMI経由で接続してマウントすれば、スマホ/タブレットのARアプリを表示することができる。

基本的な仕様は既発売モデル「STAR1200XL」と同様だが、STAR1200XLDでは上述の通りHDMI入力に対応し、コントロールボックスを本体一体型とした。

また、ディスプレイユニットだけを取り外すこともできる。本機のディスプレイ部とスマートフォンを装着できるヘルメット型アタッチメントも別売で用意する。

ヘルメット型アタッチメント

【問い合わせ先】
Vuzix Corporation(ビュージックス コーポレーション)
TEL/03-6234-4170

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドマウントディスプレイ
  • ブランドVUZIX
  • 型番STAR1200XLD
  • 発売日2012年12月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格449,800円前後)
【SPEC】 ●解像度:WVGA(852×480) ●視野角:35度

関連記事