LTEにも新たに対応

アップル、A6Xチップ/Lightning搭載の第4世代「iPad」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年10月24日
アップルは、第4世代のiPadを発表した。この春発売した「新しいiPad」のマイナーチェンジモデルで、同社では「iPad Retinaディスプレイモデル」と表記している。

第4世代「iPad」

Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルを用意。それぞれフラッシュメモリーが16GB/32GB/64GBの3タイプをラインナップする。Wi-Fi+Cellularモデルは新たにLTEにも対応した。本体色はブラックとホワイトの2色。

10月26日から予約受付を開始し、Wi-Fiモデルは11月2日に発売。Wi-Fi+Cellularモデルも11月下旬に発売する。

価格はWi-Fiの16GBモデルが42,800円、同32GBが50,800円、64GBが58,800円。Wi-Fi+Cellularモデルは16GBモデルが53,800円、32GBモデルが61,800円、64GBモデルが69,800円。価格はこれまでの第3世代モデルと変わらない。

ディスプレイは9.7インチのIPS液晶で、解像度は2,048×1,536ピクセル。画素密度は264ppi。これも第3世代と同等だ。

プロセッサーは第3世代のA5Xから、新たにクアッドコアGPUを搭載したデュアルコアのA6Xに変更された。CPUとグラフィックスのパワーは、A5Xチップの最大2倍と説明している。

カメラは前面に1.2メガピクセルの「FaceTime HDカメラ」、背面に5メガピクセル/f 2.4の「iSightカメラ」を装備。どちらも裏面照射センサーで、顔検出機能を利用可能。FaceTime HDカメラでは720p、iSightカメラでは1080pの動画撮影が行える。また動画撮影時の手ブレ補正も利用可能だ。

Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellularモデルのいずれも、Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n(nは2.4GHz/5GHz)に対応。Bluetoothは4.0に対応している。なお、Wi-Fi+CellularモデルのSIM形状はMicro-SIM。

コネクターはこれまでの30ピンDockコネクタから、8ピンのLightningコネクタに変更された。

バッテリー持続時間はWi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生の場合、最大10時間の駆動が可能となっている。

外形寸法は、Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellularモデルとも185.7W×241.2H×9.4Dmm。第3世代とまったく同じ。質量はWi-Fiモデルが652g、Wi-Fi+Cellularモデルが662gで、これも第3世代機と同様だ。

関連リンク

関連記事