7月17日より商号変更予定

シャープ、SDPの商号を「堺ディスプレイプロダクト」へ変更 − 株式譲渡も全て終了

ファイル・ウェブ編集部
2012年07月12日
シャープ(株)は、子会社であるシャープディスプレイプロダクト(株)(SDP)の株式譲渡手続きを本日完了したと発表。また、SDPの商号を「堺ディスプレイプロダクト(株)」へと変更することを併せて発表した。

株式譲渡の相手であるSIO International Holdings Limitedからの払い込み、およびこれに伴う同社への株式譲渡が本日で完了。なお、譲渡株式数、譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況については、3月27日付で発表した内容に変更はない。

また、4月10日および5月24日に発表していた通り、、SDPに対する凸版印刷株式会社、大日本印刷およびDNPカラーテクノ堺の堺工場における液晶カラーフィルター事業の会社分割(関連ニュース)に係る効力発生時に、SDPについての当社子会社の異動が発生する。

新商号「堺ディスプレイプロダクト」への変更は、鴻海精密工業股份有限公司と共同でSDPの事業運営を行うことになったことに伴うもの。7月17日に開催予定の同社臨時株主総会で承認されることを条件として、同7月17日から商号を変更する予定。

関連リンク

関連記事