シンプル簡単操作に対応

アイ・オー、iVDR-Sプレーヤー「IV-P1」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月06日
アイ・オー・データ機器は、iVDR-Sプレーヤー「IV-P1」を7月中旬より発売する。価格は16,485円(税込)。

IV-P1

IV-P1の背面部

本製品は、カセットHDD「iVDR-S」を再生できるプレーヤー。日立のテレビ“Wooo”などでiVDR-Sに録画した番組を、iVDR-S非対応テレビでも再生することができる。HDMI端子やアナログ映像出力端子を備えているので、様々なテレビと接続可能。付属品としてHDMIケーブルとアナログビデオオーディオケーブルも用意している。

UIも使いやすく工夫したとのこと。高速スクロールに対応したほか、フォルダ/日付/曜日/放送局/ジャンル/iVDR情報などのグループ別にリストを表示でき、目的のコンテンツを探しやすくしている。

また、サーチ/ジャンプ/スキップ/iVチャプター/スローなど様々なシークモードや、レジューム機能や字幕表示、多言語音声にも対応している。

HDMIのCEC機能にも対応しており、テレビのリモコンで本機のメニュー操作などを行える。

本体操作用のシンプルリモコンを付属。キーは6つだけで、画面にキーの機能ガイドも表示されるため、簡単に操作可能とのことだ。

外形寸法は約230W×41H×170Dmm(脚部含む/突起部含まず)、質量は約750g(本体のみ)。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドI-O DATA
  • 型番IV-P1
  • 発売日2012年7月中旬
  • 価格¥16,485(税込)
【SPEC】●対応メディア:iVDR-Secure(2.5インチ)、iVDR(2.5インチ) ●接続端子:HDMI出力端子、映像出力端子、音声出力端子、USB、LAN ●外形寸法:約230W×41H×170Dmm(脚部含む/突起部含まず) ●質量:約750g(本体のみ)

関連記事