テレビを見ながらお部屋をキレイに

パナソニック、“ナノイー”発生器搭載の液晶“VIERA”「CF5」 ー USB-HDD録画もできる

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月01日
パナソニックは、本体に微粒子イオン“ナノイー”を発生させる装置を搭載した19V型液晶テレビ“VIERA”「TH-L19CF5」を6月下旬に発売する。


CF5シリーズ
カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色。価格はオープンだが、46,000円前後での販売が予想される。

パネルのサイズは19V型で、画素数は1366×768。地上デジタルチューナーは1基搭載している。

本体に“ナノイー”発生装置を搭載した点が大きな特長で、カビ菌やダニの抑制、室内の脱臭、スギ花粉の抑制などに効果をもたらすという。

“ナノイー”の運転はテレビ電源のON/OFFに連動させることができるほか、“ナノイー”単体での運転も可能だ。吹き出し口にはLEDを設け、これも必要に応じてON/OFFできる。なお発生装置は“ナノイー”運転後、約8時間で自動OFFにできる。

映像は「コントラストAI」により、シーンに応じてLEDバックライトを制御して、黒の引き締まった映像を実現。エコナビ運転により、視聴環境や使用環境に応じて、テレビが自動的に本体や周辺機器の節電コントロールを行う。

外付けUSB-HDDへの番組録画も可能。テレビ1台で、最大8台のUSB-HDDが登録できる。USB-HDDに録画した番組はLAN経由で接続しているBDレコーダー“DIGA”へ高速ダビングが行える。番組録画時にはオートチャプター機能も使用可能だ。

【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-L19CF5
  • 発売日2012年6月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格46,000円前後)
【SPEC】●サイズ:19V型 ●画素数:1366×768 ●接続端子:HDMI×2、ビデオ入力×1、ヘッドホン/イヤホン、LAN、USB ●定格消費電力:36W ●外形寸法:469W×356H×163Dmm(スタンドあり) ●質量:約5.0kg

関連記事