4月2日から

radiko.jpへ民放ラジオ11局が新たに参加 − ラジオNIKKEI/放送大学は47都道府県で聴取可能に

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月27日
(株)radikoが運営するIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」は、4月2日(月)12時から、民放ラジオ11局が新たに参加すると発表した。

11局は同日から各県内で実用化試験配信を開始。半年後の本配信を目指す。11局の内訳は以下の通り。

・IBC 岩手放送(岩手県)
・東北放送(宮城県)
・ラジオ福島(福島県)
・新潟放送(新潟県)
・エフエムラジオ新潟(新潟県)
・新潟県民エフエム(新潟県)
・北日本放送(富山県)
・富山エフエム放送(富山県)
・大分放送(大分県)
・エフエム大分(大分県)
・宮崎放送(宮崎県)

また同じく4月2日 12時から、ラジオNIKKEIと放送大学が、47都道府県各地への配信を開始する。放送大学がradikoに参加するのは今回が初めて。

さらに同社は、radiko.jpの月間ユニークユーザー数が、2012年1月に780万に達し、この1年で約2倍になったことを発表。ユーザーの中では、女性や10代の割合が増加傾向にあるという。またスマートフォンユーザーがPCユーザーと同程度の割合にまで伸長したことも明らかにしている。

関連記事