<CES>パナソニック、55型の液晶“Smart VIERA”など披露 − 20型の4K IPS液晶も出展

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月10日
パナソニックは、2012 International CESの出展概要を公開した。後ほど現地から、プレスカンファレンスやブースの模様などを詳しくレポートするが、ここではかんたんにその内容を紹介しよう。

新たなデザインフィロソフィー「Future Craft」を展開

AV機器では「Smart VIERA」2012年モデルが披露される。注目は、液晶テレビに55型と47型モデルが追加されること。これまで同社は、大型モデルをプラズマテレビで展開してきたが、今後は本格的に液晶テレビの大型化に取り組む。

「Smart VIERA」は「きれい・簡単・つながる・エコ・デザイン」の5つのコンセプトを軸にしている。もちろん、ネットワーク機能「ビエラコネクト」やスマートフォン/タブレット連携なども強化する。

そのほか同社は、20.4型の4K2K IPSα液晶パネルも開発した。CESに参考出展する。4K2Kディスプレイとしては世界最小の20型で、画素密度は216ppi。厚さ3.5mmと薄型な点も特徴だ。輝度は450cd/m2、色再現性は70%。

小型画面で4K2K解像度を実現するため、超高開口率画素構造を採用。精細化した時に、画素内の配線比率が高まり、電界影響で液晶配光が乱れコントラストが低下する従来の課題を克服し、パネルの透過率を従来構造比約2倍に高めた。また新たな液晶配向プロセス技術により、TFT基板に平行な面で回転する液晶分子の配向性能をさらに高めた。

エネルギー関連技術の展示も充実させ、HIT太陽電池パネルや燃料電池、蓄電池システム、エネルギーマネジメントシステムを出展。またEV(電気自動車)の普及に貢献する車載システムや充電インフラ、次世代コックピットシステム、さらに「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」などをはじめとしたスマートシティへの取り組みも紹介する。

デザイン面では、2012年よりパナソニック総てのデザインを貫くデザインフィロソフィー「Future Craft」を展開する。Future Craftの第一弾製品は、12年に北米で発売するビエラ新シリーズになる予定。

Future Craftは「商品の本質や特徴を尖らせ、大胆に魅せる」「素材、加工法を吟味し、外観の品位を造りこむ」などいくつかのフィロソフィーを明示し、国内外のデザイン開発拠点の力を結集。2018年に世界No.1のデザインイノベーションカンパニーになることを目指すとしている。

関連記事