民生用にも展開予定。有機EL開発も継続

<CES>ソニー、自発光LEDディスプレイを独自開発 − 55型「Crystal LED Display」を参考出展

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月10日
ソニーは、2012 International CESの会場で、LED光源を用いた55型のフルHDディスプレイ試作機“Crystal LED Display”を参考出展した。LED光源を用いた自発光ディスプレイとして、55型フルHDを実現したのは業界初。

“Crystal LED Display”

CESのソニーブースに登場した55型の“Crystal LED Display”

同社では、かねてから「独自開発の次世代パネル」を開発中であると説明してきた(関連記事)が、その詳細が明らかになった格好だ。同社は本ディスプレイを開発、展開する部門として、すでに「TV第3ビジネス部門」を設け、準備を進めている。

“Crystal LED Display”はソニー独自の方式により、RGB各色の微細なLEDをそれぞれ画素数分配置した自発光ディスプレイ。フルHDの場合、合計約600万個のLEDが用いられる。

RGBのLED光源を直接ディスプレイの前面に配列し、光利用効率を大幅に高めることで、既存の液晶ディスプレイやプラズマディスプレイと比較し、高コントラスト(明暗両環境において)、広色域、高速動画応答性能、広視野角な映像を低消費電力で実現するとしている。またディスプレイの構造の特徴から大画面化にも適していると説明している。

試作した55型のモデルは、輝度が約400cd/m2で、視野角は約180度。暗所コントラストは測定限界値以上。色域はNTSC比100%以上。パネルモジュールの消費電力は約70W以下。同社の既存液晶ディスプレイと比較し、明所コントラストは約3.5倍、色域は約1.4 倍、動画応答速度は約10倍となる。

会場では通常のLEDバックライトテレビと“Crystal LED Display”の比較も行われていた。違いは一目瞭然だ

同社では、有機ELの継続的な開発、商品化と並行し、“Crystal LED Display”の実用化に向けて取り組んでいくと説明。業務用から民生用まで、幅広い用途を想定している。

関連記事