VHSを手軽にデジタル化

センチュリー、本体だけで外部入力映像を録画できる「カンロク」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月28日
(株)センチュリーは、“mezzo”ブランドの新製品として、外部入力映像をUSBメモリーやSDカードに録画できるレコーダー“カンロク”「CADC-002」を10月29日に発売する。価格はオープンだが19,800円前後での販売が予想される。

“カンロク”「CADC-002」

本体だけで外部入力映像を録画できるレコーダー。前面に3インチの液晶ディスプレイを備え、外部入力を確認できる。

背面にビデオ入力端子とステレオRCA音声入力端子を備え、VHSや外部映像機器などから出力した映像を、USBメモリーまたはSDカードに録画できる。またマイク端子も備えており、録画中の動画にナレーションなどを追加することができる。

録画フォーマットはMP4/H.264で、解像度は720×480ピクセル。

USBメモリーとSDカードは、FAT32形式でフォーマットされている必要があり、32MB〜32GBまでのメディアに対応。1GBあたり約1時間の録画が可能で、「32GBのメディアを使用すると、120分ビデオテープ16本分がメディア1枚に収まる」と同社では説明している。

ただしFAT32の制限により、1ファイルあたり4GB(約4時間)までしか録画できない。

出力端子はビデオ/ステレオRCAのほか、HDMI端子も装備。また3.5mmステレオミニのヘッドホン出力端子も装備する。

外形寸法は約295W×67.5H×201Dmm、質量は約1kg。

【問い合わせ先】
メッツォサポートセンター
TEL/0120-720-327
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドMEZZO
  • 型番CADC-002
  • 発売日2011年10月29日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格19,800円前後)

関連記事