1610万画素の光学7倍ズーム機

カシオ、ゴルフのスイングチェック機能を強化した新“EXILIM” − ガイドラインが3本に

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月12日
カシオ計算機(株)は、ゴルフのスイングをチェックできる機能を備えた広角28mmからの光学7倍ズーム対応コンパクトデジタルカメラ“EXILIM”「EX-FC200S」を10月21日より発売する。価格はオープンだが45,000円前後での実売が予想される。

EX-FC200S

ハイスピードムービーで撮影したスイングの動画再生時に、ガイドラインを表示させて、ゴルフのスイングチェックができる機能を搭載。従来は2本だったガイドラインを3本に増やし、より細かなチェックをできるようにした。

ガイドラインが3本に増えた

飛球線の後方から撮影した映像でチェックする場合は、アドレスしたボールと首の付け根を結んだライン(スイングプレーン)と、アドレスしたボールとクラブのシャフトを結んだライン(シャフトプレーン)の2本のガイドラインに加えて、アドレス時の背中のラインに沿って3本目のラインを合わせる。3本目のラインによって、スイング中の前傾角度が確認しやすくなり、バックスイングからフィニッシュまでにクラブヘッドやシャフトが、2本のラインの間にできるV字形の範囲からはみ出さず、3本目のライン上で前傾が保たれていれば良いスイングとなるという。

撮像素子には裏面照射型の1/2.3型高速CMOSを搭載し、有効画素数は1610万画素。画像処理エンジンにはEXILIMエンジンHSを採用し、前述のようにレンズは広角28mmからの光学7倍ズームに対応。フルHD動画撮影にも対応している。また、記録媒体にはSD/SDHC/SDXCメモリーカードを採用している。

ベストショット機能にゴルフ専用の撮影シーンを5種類を追加。ハイスピードムービー撮影に、スイング後方/スイング正面/スイング自分撮り(後方)/スイング自分撮り(正面)の4種類、ハイスピード連写撮影にスイング連写の1種類という5種類を新たに用意した。

そのほか、ティーチングプロとして活躍する堀尾研仁氏の監修による解説ハンドブックも付属する。

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL/03-3320-5365
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCASIO
  • 型番EX-FC200S
  • 発売日2011年10月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格45,000円前後)
●有効画素数:1610万画素 ●撮像素子:1/2.3型高速CMOS(裏面照射型) ●記録メディア:SDXC/SDHC/SDメモリーカード ●ズーム:光学ズーム7倍(35mm換算約28〜196mmm) ●外形寸法:101.9Wx58.7Hx27.4Dmm ●質量:約149g(電池・付属品含まず)

関連記事