薄さ19.9mmを実現

カシオ、「G-SHOCK」ブランドを冠したデジカメ“EXILIM G”「EX-G1」を国内投入

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月14日
カシオ計算機(株)は、耐衝撃性能を備えたデジタルカメラとして世界最薄となる19.9mmという薄さを実現したデジタルカメラ“EXILIM G”「EX-G1」を1月29日より発売する。価格はオープンだが4万円前後での実売が予想される。

EX-G1(ブラック)

EX-G1(レッド)

本製品は、耐衝撃性に特徴を持つ同社の腕時計「G-SHOCK」ブランドを冠したデジタルカメラ。2009年9月に同社米国法人のCasio America Inc.により発表されていたモデル(関連ニュース)の日本国内投入が明らかになった形だ。

モニター部の様子

“Endurance(耐える)”というブランドコンセプトの下、同社の耐衝撃・防水・薄型化技術を駆使して開発。高さ2.13mからの落下試験をクリアする耐衝撃性能と、IPX8およびIPX6相当の防水性能、そしてIP6X相当の防塵性能を備えている。また、耐低温性能も備えており、マイナス10度の低温環境においてもカメラとして使用可能。

衝撃を受け止めるステンレス製のアウターボディと、衝撃を吸収するガラス繊維で強化されたポリカーボネイト製の防水インナーボディの二重構造を採用。シャッターに近いボディ側面を保護する樹脂カバーや、レンズ周囲の樹脂製レンズリング、亜鉛ダイキャスト製のストラップホルダーなど、衝撃を緩和してボディを保護する仕様のデザインを採用している。

撮像素子には1/2.3型正方画素CCDを搭載し、有効画素数は1210万画素。ズーム倍率は光学が3倍で、デジタルが4倍。併用での12ズームなどにも対応する。

一定間隔で自動撮影する「インターバル撮影」機能を搭載。これにより、自転車やスノーボード、ウインドサーフィンなどアクティブなスポーツをしながらでも撮影できる。撮影は10秒/30秒/1分/3分の間隔で、時間を3分/10分/20分/30分まで設定可能。

また、撮りたいシーンを選ぶだけで美しい写真が撮れる「ベストショット」機能を搭載。同機能には「スノー」「ビーチ」「水中」など様々なフィールドを想定したシーンを追加している。

そして、高い耐衝撃能力などを有しながらも19.9ミリという薄さを実現した点も特徴のひとつ。カラーバリエーションにはブラックとレッドの2色を用意している。

薄さ19.9mmを実現

【問い合わせ先】
カシオ お客様相談室
TEL/03-3320-5365

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCASIO
  • 型番EX-G1
  • 発売日2009年1月29日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
●有効画素数:1,210万画素 ●撮像素子:1/2.3型正方画素CCD ●記録メディア:microSD/microSDHCメモリーカード ●記録ファイル形式:静止画→JPEG(Exif Ver2.2、DCF1.0準拠、DPOF対応) 、動画→AVI形式、Motion JPEG準拠、IMA-ADPCM(モノラル) ●レンズ:光学3倍ズーム ●液晶モニター:2.5V型TFTカラー液晶230,400ドット(960x240) ●電源:専用リチウムイオン充電池(NP-80) ●外形寸法:103.5Wx64.2Hx19.9Dmm ●質量:約135g(電池およびメモリーカードを除く)

関連記事