アイ・オー、“ブルーレイDIGA”対応USB-HDDを発表 − AV録画用途に特化したモデル

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月09日

AVHD-URシリーズ
(株)アイ・オー・データ機器は、パナソニックのBDレコーダー“ブルーレイDIGA”に対応したUSB-HDD2製品の発売を発表した。

ラインナップは1TBの「AVHD-UR1.0」と、2TBの「AVHD-UR2.0」。価格や発売時期は未定となっている。

特徴は、AV録画用途に特化した点。振動を抑えた騒音の少ないドライブであることに加え、長時間加速エージングによる高基準の品質検査に合格したハードディスクのみを厳選して採用。すべてのハードディスクにおいて全データ領域の品質検査を実施しており、録画失敗のリスクを大きく低減するという。

外観の薄さも特徴としている。横置きを基本としつつ、薄型テレビの足元の空間に設置できるよう、34.5mmと高さを抑えた。電源モジュールを本体に内蔵しているため、コンパクトで設置性も高めている。

また、空冷ファンを内蔵しながらも高静音性を実現するため、ハードディスクの振動を筐体に伝えない「クワッド・ダンパーシステム」、ファンの回転を適切に制御する「ダイナミック・ファン・コントロールシステム」を採用し、徹底した振動・騒音対策を施しているという。

【問い合わせ先】
インフォメーションデスク
TEL/0120-777-618
新着記事を見る
  • ジャンルハードディスクドライブ
  • ブランドI-O DATA
  • 型番AVHD-URシリーズ
  • 発売日発売日未定
  • 価格価格未定
【SPEC】●外形寸法:215W×34.5H×184Dmm(突起部含む) ●質量:約1.6kg(本体のみ)

関連記事