HOME > ニュース > ミルモと電通、Android向け配信システム「ROTA2U」を提供開始

音楽・動画配信アプリケーション「media2U」も

ミルモと電通、Android向け配信システム「ROTA2U」を提供開始

2011/07/01 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ミルモ(株)と(株)電通は、スマートフォンやタブレット用のコンテンツ配信用プラットフォーム「ROTA2U」と、音楽・動画配信アプリケーション「media2U」の提供をAndroid OS向けに本日より開始した。

「ROTA2U」は、ミルモのコンテンツ配信システム「ROTA」と電通の許諾コード方式「DRPC」を軸としたコンテンツ配信プラットフォームで、マイクロソフトのデジタル著作権保護技術「PlayReady」とクラウド アプリケーション プラットフォーム「Microsoft Windows Azure Platform」を組み込んで開発されたもの。

今回Android OS用に提供を開始したが、年内までに複数のOS(Android・Windows Phone・iOS・Windows・Mac)と複数のデバイス(スマートフォン・タブレット・PC・スマートTV)に対応することで、「マルチOS・マルチデバイス・マルチユース」を実現するコンテンツ配信用プラットフォームとなることを目指している。

「media2U」は、「ROTA2U」に対応する音楽・動画配信アプリケーション。音楽では(株)oricon MEや(株)メディアドゥ、(株)友ミュージック、ナクソス・ジャパン(株)、動画ではマイシアター(株)など、複数のコンテンツ・プロバイダーが本アプリをを通じて、順次サービスを開始する予定だという。また、年内までには電子書籍・ゲーム等のコンテンツ配信も予定している。

また、本日発売のAndroid搭載の日本エイサー製タブレット「ICONIA TAB A500」にも、「ICONIA media2U」として、プリインストールにより提供を開始。また、ドコモのスマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」にプリインストールされている「SH media2U」は、バージョンアップにて「ROTA2U」に対応可能となる。

そのほか、パナソニック モバイルコミュニケーションズ(株)やNECカシオモバイルコミュニケーションズ(株)、HTC Nippon(株)などの複数の端末メーカーが、日本で発売するAndroid端末にプリインストール、またはAndroid Marketからのダウンロードによる「media2U」の提供を予定しているとのこと。

また、経済産業省の平成22年度書籍等デジタル化推進事業の一環として、海外複数国において「ROTA2U」を用いた実証実験が予定されている。両社はその実証実験を通じ、個別に許諾を受ける日本のコンテンツをグローバルに配信する上での各種検討を行うことで、グローバルコンテンツ配信プラットフォームの環境整備に寄与するとコメント。このような機会を最大限に生かしながら、今秋以降に東アジアをはじめとする海外におけるサービス展開も計画しているとしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE