サードウェーブ、HiFiMANの平面駆動型磁気ドライバーヘッドホン「HE-500」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月01日
(有)サードウェーブは、米HiFiMANブランドの平面駆動型磁気ドライバー方式のヘッドホン「HE-500」を7月1日に販売開始した。価格はオープンだが、89,900円前後での販売が予想される。

HE-500

HE-500は、平面駆動型磁気ドライバーを採用したヘッドホン。再生周波数帯域は15Hz〜50kHzで、能率は89dB(1mW未満)、インピーダンスは38Ω。ハウジングはメタリック・ダークグレーのプラスチック製で、イヤーパッドはベロア仕上げ。イヤーパッドは取り外して交換することも可能だ。質量は502g。付属品としてOFCヘッドホンケーブル(3m)1本と、SMA-P型の接続端子2つが用意される。

これまでHiFiMANブランドのヘッドホンは「HE-6」「HE-5LE」が発売されているが、新モデルとなる「HE-500」はこれまでのラインナップのなかで最も使用するアンプを選ばない点が特徴とのことだ。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドHiFIMAN
  • 型番HE-500
  • 発売日2011年7月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格89,900円前後)
【SPEC】●ドライバーの仕様 :Planar Magnetic driver (平面駆動型磁気ドライバー) ●周波数特性:15Hz〜50KHz ●能率:89dB 1mW未満 ●インピーダンス:38 Ohms(Ω) ●ハウジング:プラスティック(メタリック・ダークグレイ) ●イヤーパッド:ベロア仕上げ(ブラック) 取り外し、交換可能 ●質量:502g(ケーブル部含まず)

関連記事