東日本大地震被災者へAVメーカー/サービス各社が支援 − radikoはエリア制限解除

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月13日
3月11日に発生した東日本の大地震を受け、オーディオビジュアルメーカーやサービス運営会社などが支援を行うことを続々と発表している。

パナソニック(株)は12日、義援金として3億円を、また支援物資としてラジオ1万台、懐中電灯1万個、乾電池50万個を送ることを決めた。

また13日に、ソニー(株)が義援金として3億円を送るとともに、全世界のソニーグループ従業員から災害募金を募り、その同額を会社からも拠出するマッチングギフトを行うことを発表。支援物資として3万台の同社製ラジオを提供するほか、今後も地域の状況を踏まえながらグループ製品の提供を検討していくという。

(株)東芝も13日、5億円の義援金を送ることを決定。支援先や支援方法について、今後具体的な検討を進めていくとしている。

radikoはエリア制限を解除

IPサイマルラジオサービス「radiko」を提供する(株)radikoは13日、エリア制限を当面のあいだ解除すると発表。日本全国どこにいても、PCやiPhone、Androidスマートフォンなどで、関東7局、関西6局のラジオ放送を無料で聴取することができる。PCの場合は http://radiko.jp にアクセスすることで、iPhoneやAndroidスマートフォンの場合はアプリをダウンロードすることで聴取可能。

地震報道番組のインターネット配信

Ustream Asiaは、NHKや民放テレビ局による東北地方太平洋沖地震に関する報道番組のインターネット同時配信を災害が発生した3月11日より提供している。

各局報道番組のURLは以下の通り。

・TBS:http://ustre.am/kJ3E
・フジテレビ:http://ustre.am/iEG9
・NHK:http://ustre.am/vmCj
・テレビ神奈川:http://ustre.am/vmoL
・テレビ朝日:http://ustre.am/vnnn

配信は各局の都合により一時的に停止される場合がある。

なお、NHKの報道番組は13日現在、Ustreamのほか、ニコニコ生放送、Yahoo!Japanのライブストリーミングチャンネルなどでも視聴できる。

関連記事