新デザインでイメージも一新

オンキヨー、ネットワーク機能を充実させたAVアンプ「TX-NA609」「TX-NA579」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月01日
オンキヨーは、ネットワーク機能を充実させた7.1ch AVアンプ「TX-NA609」と「TX-NA579」を3月18日より順次発売する。

■TX-NA609 ¥84,000(税込)3月18日発売
カラー:ブラック/シルバー

TX-NA609

TX-NA609の背面部


TX-NA609(ブラック)

TX-NA609(シルバー)

TX-NA609の背面部
■TX-NA579 ¥71,400(税込)3月25日発売
カラー:ブラック

TX-NA579

TX-NA579の背面部

従来この価格帯の製品の型番は「SA」とされていたが、今回ネットワーク機能が強化されたことを受け、上位機種と同じ「NA」に変更した。外観も前モデルからリファインし、フロントパネルをフラットなデザインとして、イメージを一新。新たなシャーシデザインに合わせたチューニングも行ったという。本体底面には前モデルと同様、楕円状のプレスラインを設けた「オーバルシャーシ」を採用し、強度を高めるとともに振動によるノイズ発生を抑えている。

TX-NA609は、TX-SA608の後継機。定格出力全ch130W(6Ω)、周波数特性5Hz〜100kHz。入力端子はD4×2、コンポーネント×2、コンポジット×5、D-Sub15×1、デジタル×5、アナログ×7、出力端子はD4×1、コンポーネント×1、コンポジット×2、アナログ×1、7ch×1、サブウーファー×2を備える。HDMI端子は入力6系統、出力1系統。

TX-NA609のリモコン

TX-NA579は、TX-SA578の後継機。定格出力全ch100W(6Ω)、周波数特性20Hz〜50kHz。入力端子はD4×2、コンポーネント×2、コンポジット×5、デジタル×4、アナログ×7、出力端子はD4×1、コンポーネント×1、コンポジット×2、アナログ×1、サブウーファー×1。HDMI端子は入力4系統、出力1系統。

ここからは両機共通の特徴を紹介していこう。HDMI端子は3D映像伝送やARCにも対応。また、4K対応のビデオアップコンバージョン機能を搭載し、アナログ信号を最高3,840×2,160ピクセルでHDMI出力可能なのも特徴だ。

両機ともドルビーTrueHD/DTS-HD MAデコーダーを搭載。ドルビープロロジックIIzにも対応する。またNA609はAudyssey DSXにも対応する。

DLNA1.5に準拠し、デジタルメディアサーバーとして機能。ネットワークで共有したHDDやPC内の音楽再生が可能だ。フロントのUSB端子はUSBメモリー内の音楽再生、iPodのデジタル接続に対応。再生可能な音楽ファイルはMP3/WMA/WMA Lossless/WAV/AAC/FLAC/Ogg/リニアPCM。なおWAV/WMA Lossless/FLAC/LPCMは96kHz/24ビットまでの対応となる。なおリニアPCMはLAN端子からの入力のみ再生可能。本体ディスプレイでは日本語表示に対応しないが、外部ディスプレイでは曲名やアーティスト名などの日本語表示に対応する。当初「本体および外部ディスプレイでの日本語表示には対応しない」と記述していましたが、これは誤りでした。誤りを修正しました(3/1 16:47)

また「Compatible with Windows 7」ロゴ認証を取得。Windows 7搭載のPCとLANで接続するとPCがAVアンプを認識し、Windows Media Playerからリモート再生を行い、AVアンプ側にプッシュしたオーディオデータを再生することができる。なお、PCからリモート再生を行っている際、ボリューム再生をPC側で行うことも可能だ。

インターネットラジオやradiko.jpの聴取も可能。画面下段左の「e-onkyo music」はネトラジ「OTTAVA」への入り口

インターネットラジオに加え、初めて「radiko.jp」の聴取にも対応したのも特徴。ただし、radiko.jpのサービスエリア外のユーザーは聴取できない。

DACには8chの信号を1チップで処理するバーブラウン製192kHz/24bit DAC「PCM1690」を採用している。

またiPhoneアプリ「Onkyo Remote」での操作にも対応入力切換やリスニングモードの選択、インターネットラジオなどネットサービスの利用などが行える。

両機の違いは端子の数とアンプ部だ。NA609は全7chディスクリート構成。3段インバーテッドダーリントン回路も採用し、ドライブ力を向上させている。また電源部の電解コンデンサーを中心に、7chパワーアンプ回路をL/Rシンメトリーに配置。電源供給ラインや入出力経路まで左右chを対称にしている。さらに、独自のワイドレンジアンプ技術「WRAT」や、デジタルノイズ抑制回路「VLSC」も搭載した。THX Select2 Plusに準拠したのもポイントのひとつになっている。

【問い合わせ先】
オンキヨー コールセンター
TEL/050-3161-9555
新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドONKYO
  • 型番TX-NA609
  • 発売日2011年3月18日
  • 価格¥84,000(税込)
【SPEC】●実用最大出力;190W×7(6Ω) ●定格出力:130W×7(6Ω) ●周波数特性:5Hz〜100kHz ●HDMI端子:入力6/出力1 ●映像入出力端子:D4入力2/出力1、コンポーネント入力2/出力1、コンポジット入力5/出力2、D-sub 15ピン1 ●音声入出力:デジタル入力4、アナログ入力7/出力1、7ch出力1、サブウーファー出力2 ●外形寸法:435W×173.5H×328Dmm ●質量:11.0kg
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドONKYO
  • 型番TX-NA579
  • 発売日2011年3月25日
  • 価格¥71,400(税込)
【SPEC】●実用最大出力;160W×7(6Ω) ●定格出力:100W×7(6Ω) ●周波数特性:20Hz〜50kHz ●HDMI端子:入力4/出力1 ●映像入出力端子:D4入力2/出力1、コンポーネント入力2/出力1、コンポジット入力5/出力2 ●音声入出力:デジタル入力4、アナログ入力7/出力1、7ch出力1、サブウーファー出力1 ●外形寸法:435W×173.5H×328Dmm ●質量:9.0kg

関連記事