フィルムソース対応のフレーム補間技術を搭載

三菱電機、3D対応SXRDプロジェクター「LVP-HC9000D」を国内発売 − ブラックとホワイトの2色が登場

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月07日
三菱電機(株)は、同社初の3D映像の表示に対応したホームプロジェクター「LVP-HC9000D」を2月14日に発売する。価格はオープンだが、598,000円前後での販売が予想される。


LVP-HC9000D

LVP-HC9000DW
本体色がブラックの「LVP-HC9000D」に加え、カラーバリエーションモデルとなるホワイトの「LVP-HC9000DW」も3月中旬に発売される。こちらもオープン価格だが、ブラックモデルと同価格での実売が見込まれる。また別売のオプションとして、アクティブシャッター方式の専用3Dメガネが13,000円前後、3Dエミッターが9,900円前後でそれぞれ同時期に発売を予定している。なお本機による3D映像は同社製液晶テレビ“REAL”「MDR1」シリーズに同梱される3Dメガネでも楽しむことができる。

本機の専用3Dメガネ

3Dエミッターもオプション販売となる

本機には同社のホームプロジェクターとして初めてSXRD方式の反射型液晶パネルが採用された。デバイスの対角は0.61型で、1920×1080画素のフルHD表示に対応する。3D再生時はパネルを240Hzで駆動させ、クロストークを抑えた映像を実現している。本体には1系統の光学エンジンと1基のレンズを搭載し、フレームシーケンシャル方式の採用によりフルHDの3D映像を投射する。スクリーンも一般的なマット系のホワイトスクリーンが利用可能だ。Blu-ray 3D再生のほか、サイドバイサイド、トップアンドボトムの3D映像に対応している。2D映像のリアルタイム3D変換機能は搭載されていない。3D映像を投射する際にはレンズの下にオプションのエミッターを取り付ける。なお、3D再生時はエミッターをスクリーンから5m以内に設置する必要がある。

新開発の光学補償板やワイヤーグリッドを組み合わせ、パネルからの光漏れを防いで高コントラスト化を実現している。可変アイリスの閉時コントラスト値は約12万対1。可変アイリスはコンテンツに合わせて全18段階で調整でき、より深い黒色の表現を可能にしている。なお、光源は230Wの高圧水銀ランプを採用しており、明るさは1,000ルーメンを実現している。

レンズは高性能ED(超低分散)レンズを含む6群17枚構成。付属のリモコンで操作可能な1.8倍電動ズームに対応しており、投射距離は100インチのスクリーンで最短3.4mから最長6.3mをカバーする。投射可能な画面サイズは50〜200インチ。また設置性を高めるため、上下100%・左右45%まで調整できる電動レンズシフト機能を装備する。なお、上下・左右のシフト設定を同時には最大にできない仕様となっている。

1.8倍電動ズームレンズを搭載

プリセットの映像メニューは「シネマ」「ビデオ」「ダイナミック」のほか、3D映像の表示に最適化した「3D」を設けている。RGBCMYを独立して「色彩」「彩度」「明度」で調整できるカラーマネージメント機能を備え、その他の項目も含めてユーザーが任意に調整した値を3つまで保存できる。なお3D再生時にはメニューから3D映像の明るさを「2.0〜5.5」まで0.5段階刻みで調整できるが、画面を明るく設定したぶんだけクロストークは発生しやすくなる。

天板の操作部

本機の映像メニュー


映像メニューは「シネマ」「ビデオ」「ダイナミック」「3D」のほか、3つのカスタム設定値を保存できる

3D映像の明るさを「2.0〜5.5」まで0.5段階刻みで調整できる
本機ではさらに、投射するコンテンツに合わせて最適な映像を表示できる「FRC(フレームレートコンバータ)」機能が採用されている。ユーザーは「True Film」「True Video」「OFF」の3つのモードが選択できる。「True Film」モードではフィルムソース特有のジャダー感を残しつつ、動きの速い映像も鮮明に表示できる。本モード選択時には、BDの映画タイトルなど24コマ/秒の映像は120コマ/秒に映像を補間して表示、BSデジタル放送の映画タイトルなど60コマ/秒の映像が入力された場合は、いったん元の24コマに変換した後に120コマ/秒の映像に補間して表示する。「True Video」モードではテレビ放送など60コマ/秒の映像を補完して120コマ/秒表示し、動きの速い映像などボケを抑えて表示が可能になっている。

フレームレートコンバータの設定メニュー

本体側面に端子を配置する

映像入力端子はHDMIを2系統、コンポーネントを1系統、コンポジットを1系統、S映像を1系統、アナログRGBを1系統備える。その他の端子は、シリアル端子1系統、トリガー端子2系統と3Dエミッター端子1系統となる。


【問い合わせ先】
三菱電機お客さま相談センター
TEL/0120-139-365

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルSXRDプロジェクター
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番LVP-HC9000D
  • 発売日2011年2月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格598,000円前後)
【SPEC】●パネル:0.61型SXRD ●光源:230W 高圧水銀ランプ ●レンズ:1.8倍電動ズームレンズ f21.4〜38.5mm ●投射サイズ:50〜200型 ●輝度:最大1,000ルーメン ●コントラスト比:最大120,000対1 ●映像入力:コンポジット映像×1、Sビデオ×1、コンポーネント×1、アナログRGB×1、HDMI×2 ●消費電力:最大360W ●外形寸法:482W×215H×530Dmm ●質量:約14.5kg

関連記事