スマートフォンやデジカメ向けイメージセンサーの需要拡大に対応

ソニー、「Exmor」「Exmor R」の生産体制を強化 − 熊本テックに400億円の投資実施へ

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月01日
ソニー(株)は、ソニーセミコンダクタ九州(株)熊本テクノロジーセンター(熊本テック)において、CMOSイメージセンサー「Exmor」「Exmor R」の生産設備増強を目的に、約400億円の投資を実施することを発表した。

ソニーセミコンダクタ九州(株) 熊本テクノロジーセンター

今回の投資は、第1四半期業績発表時点での設備投資額見通しに含まれている2010年度下半期への追加分と、2011年度実施分を合わせて行うもの。現在、ソニーセミコンダクタ九州(株)長崎テクノロジーセンターの直径200mmウェハーラインで生産しているが、今年末からは携帯電話とコンパクトデジタルスチルカメラの市場へ向けて、熊本テックの直径300mmウェハーの先端ラインでも量産開始する予定という。

今後の需要拡大が見込まれるスマートフォンやコンパクトデジタルスチルカメラから、業務用の各種デジタルイメージング製品に向けても「Exmor R」を供給できる体制を確立。デジタル一眼カメラ向けに大型を中心として「Exmor」の生産能力も強化するとのことだ。

同社は「一層の拡大が予想される市場からの需要に応えられる供給体制を確立することで、イメージセンサーに置ける世界のリーディングカンパニーとしての地位を引き続き強固なものにしていく」とコメントしている。

関連記事